« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021.05.26

ソヨゴ(モチノキ科)

園地でソヨゴの花がさいていました。雌雄別株。本年枝の葉腋から長い柄をだし白色の小さな花をつけます。花弁4~5、萼片4~5。
雄花序の柄は1~2cm、3~8個の花を散形状につけます。雄花には完全な雄しべが4~5と退化した雌しべがあります。

Soyogo_20210526200701   Soyogo2_20210526200701

雌花は3~4cmの柄の先にふつう1個つきます。雌花には雌しべと退化した雄しべがあります。子房は球形、花柱はほとんどなく、柱頭は1個です。

Soyogo3   Soyogo4

Ilex pedunculosa Miq.

 

| | コメント (0)

2021.05.24

クロガネモチ(モチノキ科)

近所のクロガネモチに花が咲いていました。雌雄別株。

Kuroganemoti

雌花。子房は球形、 花柱はなく柱頭が直接子房の上にのっています。子房の周囲に退化した雄しべがあります。

Kuro2_20210524184701

Ilex rotunda Thunb.

| | コメント (0)

2021.05.23

コバノズイナ(ズイナ科)

コバノズイナの花が咲いていました。北アメリカ東部原産。枝先に長さ10cmほどの総状花序をだし、白色の小さな花を多数つけます。花弁,萼片は線形です。雄しべ5、雌しべ1。

Kobanozuina   Koba2

Itea virginica L.

| | コメント (0)

2021.05.12

ナワシロイチゴ(バラ科)

ナワシロイチゴの花がついていました。花弁は紅紫色。満開時にも萼だけ開いて花弁はとじたままです。よく見ると少し開いたところから雌しべが見えます。

Nawasiro    Nawasiro2

小葉は丸くふつう3個付きます。葉裏は白いです。

Nawasiro3

Rubus parvifolius L.

Rubus キイチゴ属。本属植物のラテン名に由来。

| | コメント (0)

2021.05.04

ホウチャクソウ(イヌサフラン科)

谷道でホウチャクソウが咲いていました(交野市)。花は枝先に1~2個垂れて咲きます。

Houtyakusou_20210504133701   Houtyaku2_20210504133701

花被片6、雄しべ6、雌しべ1。柱頭3裂。

Houtyaku3

Disporum sessile D.Don ex Schult. et Schult.f. var. sessile

| | コメント (2)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »