« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021.04.26

ハンカチノキ(ヌマミズキ科)

植物園でハンカチノキの花序がついていました。見事です!!中国の湖北、四川、雲南省に分布。緊急非常事態宣言のため閉園になると思い植物園を訪れましたがちょうどいいタイミングでした。満員電車は走っているのにのに植物園が閉鎖とは?!あれ!まあ!

Hankati_20210426135401

雌雄同株。花序の基部には白いハンカチのような総苞片2個が球形の花序を包みます。花序には両性花が1個と雄花が多数つきます。

Hankati2_20210426135401    Hankati3_20210426135401

Davidia involucrata Baill.
involucrata  総苞ある

| | コメント (0)

2021.04.18

トキワハゼ(サギゴケ科)

河川敷でトキワハゼが生えていました。ムラサキサギゴケに比べ走出枝を出さず、花冠は一回り小さく、下唇は白っぽい、上唇の切れ込みが浅いです。

Tokiwa_20210418171401   Tokiwa2_20210418171401

Mazus pumilus (Burm.f.) Steenis

| | コメント (0)

ムラサキサギゴケ(サギゴケ科)

淀川の河川敷でムラサキサギゴケがたくさん咲いていました。花冠は上下2唇にわかれます。上唇の切れ込みがトキワハゼに比べ深いです。おしべ4、めしべ1、めしべの先は2裂し、柱頭運動をします。下唇にはこん棒状の毛があります。根元から長い走出枝をだします。

Murasaki_20210418165601   Murasaki2_20210418165601

Mazus miquelii Makino var. stolonifer (Maxim.) Nakai

Mazus サギゴケ属。mazos(乳頭突起)に由来。

| | コメント (0)

2021.04.09

マルバアオダモ(モクセイ科)

植物園でマルバアオダモが咲いていました。両性花の株と雄の株があります。

Maruba_20210409213801

花冠は4全裂、裂辺は線形。雄花にはおしべ2、両性花には雌しべ1、雄しべ2。子房は黒っぽいです。

Maruba2_20210409213801   Maruba3_20210409213801

Fraxinus sieboldiana Blume

| | コメント (0)

2021.04.05

タチツボスミレ(スミレ科)

谷道のあちこちでタチツボスミレが咲いていました(河内森)。地上茎があり托がくし状になります。花の色は淡紫色です。距はやや細長く紫色を帯びます。側弁は無毛です。葉は心形です。

Tatitubo_20210405200401    Tatitubo2_20210405200401    

Viola grypoceras A.Gray var. grypoceras

| | コメント (0)

2021.04.03

ザイフリボク(バラ科)

団地でザイフリボクのお花が咲いていました。上にかぶさってた木が台風で倒れ明るくなったためか花づきが良くなっているようでした。花弁5、雄しべ20、花柱5

Zai2_20210403191401    Zaifuriboku

Amelanchier asiatica (Siebold et Zucc.) Endl. ex Walp.
Amelanchier ザイフリボク属。Savoyの土名。asiaticaはアジアの

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »