« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020.12.19

ポーポー(バンレイシ科)

畑に続く道に大きな葉のついている木がありました(8月2日)。葉は独特の香りがあります。

Popo_20201219172701   Popo2_20201219172701

秋には黄葉していました。紫色の裸芽がついていました。葉痕は馬蹄形です。維管束痕は5個。ポポーのようです。北アメリカ東部原産。

Popo3_20201219172701   Popo4_20201219180001

Asimina triloba (L.) Dunal

 

    

| | コメント (0)

2020.12.11

コクサギ(ミカン科)

川沿いの道でコクサギが黄葉していました。

Kokusagi

冬芽がきれいです。芽鱗は緑色~濃紅紫色、縁は灰白色です。

Kokusagi2

Orixa japonica Thunb.

| | コメント (0)

2020.12.09

ホクリクイヌワラビ(メシダ科)

路傍でホクリクイヌワラビと教えてもらいました。北陸は発見地が越前ということによります。イヌワラビとウラボシノコギリシダの雑種と推定われます。羽辺がよく切れ込みます。

Hokurikuinuwarabi   Hokuriku3

ソーラスが固まっています。

Hokuriku2

Anisocampium x saitoanum (Sugim.) M.Kato

| | コメント (0)

2020.12.08

ミズスギ(ヒカゲノカズラ科)

湿地でミズスギがでていました。胞子嚢穂がついていました。ミズは水気の多い場所に生育し、姿はスギに似ることによります。

Mizusugi_20201208203101

胞子嚢穂は直立枝の側枝に下垂し柄はありません。

Mizu2_20201208203101

Lycopodium cernuum L.
cernuum 下垂した

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »