« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020.09.26

キンゴジカ(アオイ科)

近所の公園でキンゴジカが咲いていました。東南アジア原産。

Kingojika    Kin2

花柄が細長く4cmくらいあります。花弁5。花の直径1cm。よく見ると花柄が1.5cmくらいのもありました。

Kin4    Kin3

Sida rhombifolia L. subsp. rhombifolia

| | コメント (0)

2020.09.21

イヌトウバナ(シソ科)

谷道でイヌトウバナの花が咲いていました。葉の下面に明らかな腺点があります。

Toubana

花冠は白色~淡紫色。がくに開出する長毛があります。

Tou3_20200921153401

Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara var. micranthum

| | コメント (0)

2020.09.18

キジョラン(ガガイモ科)

谷道でキジョランのつぼみがついていました。よく見ると開いているのもありました。花は黄白色、花冠は5裂,花筒の内面に毛が生えています。

Kijyoran   Kijyo2

幼苗も出ていました。葉は対生。葉の上面は無毛。

Kijyo4   Kijyo3

Marsdenia tomentosa C.Morren et Decne.

| | コメント (0)

2020.09.12

ガガイモ(ガガイモ科)

最近ガガイモの花を見てないなと思いながら歩いていると、田んぼのそばの空き地でガガイモの花が咲いていました。ワーイ!葉は対生で葉を切ると白い乳液がでます。

Gagaio

花冠は5裂し内面に長毛を密生します。雄しべ5本が雌しべと合生し、長いくちばしを持つ柱頭が花冠の上に伸び出しています。ずい柱(雄しべ、雌しべがくっつき合ったもの)はこの科の特徴です。

Gaga2

Metaplexis japonica (Thunb.) Makino 

Metaplexis ガガイモ属。meta(後に)pleco(編む)

| | コメント (0)

2020.09.08

タコノアシ(ベンケイソウ科)

茎頂に数本の枝が放射状にでて内側に黄白色の花がつきます。

Takonoasi_20200908151501   Tako3

花は柄が短く花弁はなく、がくは5裂、雄しべ10、雌しべは花柱が短く、5個の子房はもとのほうで合生します。

Tako4

Penthorum chinense Pursh

| | コメント (0)

2020.09.04

ヤコウカ(ナス科)

植物園でヤコウカのつぼみがたくさんついていました。西インド諸島原産で、熱帯を中心に栽培されています。葉腋からのびる花序に黄緑色の花がつきます。夜に花が芳香を放ち、夜行性のガを誘引して送粉します。ガは長い口吻で花冠の奥にある蜜を吸います。別名ヤコウボク(夜光木)。英名は「夜咲きジャスミン」。園芸用として生垣や庭園樹、切り花などに利用されます。

Yakouka   Yakouka2

Cestrum nocturnum L.

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »