« アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科) | トップページ | キヅタ(ウコギ科) »

2020.07.24

コウヤワラビ(コウヤワラビ科)

堤防の土手でコウヤワラビがたくさん生えていました。葉は二形です。胞子葉は秋にでます。春にこの場所で見かけないのでなくなったのかと思っていましたが、良かった良かった!!コウヤは発見地が和歌山県の高野山であることによるらしいです。

Kouyawarabi   Kouya2_20200724202801

Onoclea sensibilis L. var. interrupta Maxim.
sensibilis  感じやすい

 

|

« アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科) | トップページ | キヅタ(ウコギ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科) | トップページ | キヅタ(ウコギ科) »