« ヘラノキ(シナノキ科) | トップページ | フユボダイジュ(シナノキ科) »

2020.07.06

ヒメヒオウギズイセン(アヤメ科)

近所の空き地でヒメヒオウギズイセンが咲いていました。ヨーロッパでヒオウギズイセントヒメトウショウブとの交雑によってつくられた園芸植物といわれ、明治中期に渡来。花は穂になって咲き、朱赤色。内外の花被はほぼ同形、下方は合生して筒になります。

Hime_20200706181201   Himw2

雄しべ3、雌しべ1。雌しべの先は3裂。

Hime3_20200706181201

Crocosmia x crocosmiiflora (Lemoine) N.E.Br.

Crocosmia  クロコスミア属。crokos(サフラン)+osme(匂い)

 

|

« ヘラノキ(シナノキ科) | トップページ | フユボダイジュ(シナノキ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘラノキ(シナノキ科) | トップページ | フユボダイジュ(シナノキ科) »