« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020.06.30

ムラサキハナナス(ナス科)

近所で紫色の可愛いお花がたくさんついていました。絵合わせで見るとラントネッティーという名前でした。アルゼンチンからパラグアイ原産。

Solanum   Solanum2

よく見ると実ができています。

Solanum3

Lycianthes rantonnetii (Carriere) Bitter

| | コメント (0)

2020.06.27

アカメガシワ(トウダイグサ科)

団地の川沿いの道でアカメガシワの花が咲いていました。雌雄別株。花には花弁がありません。枝先に円錐花序をだします。雄花は多数の雄しべが目立ちます。

Akame_20200627200301   Akame2_20200627200301

雌花。花柱3、黄色の乳頭状突起が密生します。

Akame3_20200627200301   Akame5

Mallotus japonicus (L.f.) Müll.Arg.

| | コメント (0)

2020.06.25

グレビレア(ヤマモガシ科)

近所でグレビレアが咲いていました。以前淡路島のサービスエリアでもみかけました。近所で見れてうれしかったです。花柱が突き出した特徴のある植物です。グレビレア属の1品種。

Gurebirea    Gurebirea5

 Grevillea sp.

| | コメント (0)

2020.06.23

サワフタギ(ハイノキ科)

植物園でサワフタギの実がついていました。秋に藍色に熟します。

Sawafutagi   Sawa2

先端は急に短くとがり、細かい鋭鋸歯があります。

Sawa3

Symplocos sawafutagi Nagam.

| | コメント (0)

2020.06.22

クマノミズキ(ミスキ科)

植物園でクマノミズキの花が少し残っていました。枝先に散房花序をだし、小さな黄白色の花をつけます。

Kumano_20200622202901   Kumano2

花弁4、雄しべ4、花柱1。写真は雄しべが落ちてました。アラ遅かったのね。

Kumano3

Cornus macrophylla Wall.

 

| | コメント (0)

2020.06.21

モクゲンジ(ムクロジ科)

植物園で面白い形の葉がありました。葉は互生。奇数羽状複葉。小葉は卵形、ふちに不ぞろいな粗い鋸歯があります。

Moku_20200621193701   Moku2_20200621193701

Koelreuteria paniculata Laxm.

| | コメント (0)

2020.06.19

センリョウ(センリョウ科)

近所でセンリョウの花がついていました。両性。枝先に小さな花が集まってつきます。

Senryou   Senryou2

子房の横に雄しべが1個つきます。よく見ると雄しべの両側に葯が、子房の上に柱頭が見えます。ボケボケですが。

Senryou3

Sarcandra glabra (Thunb.) Nakai

| | コメント (0)

2020.06.18

トウネズミモチ(モクセイ科)

近所でトウネズミモチの花が咲いていました。円錐花序をだし、白い小さな花をたくさんつけます。

Tou_20200618151701   Tou2_20200618151701

花は筒状漏斗形、雄しべ2、葯は花筒からつきでます。花柱1、花筒から少しつきでます。

Tou3_20200618151701

Ligustrum lucidum Aiton

| | コメント (0)

2020.06.15

ナヨクサフジ(マメ科)

河川敷でナヨクサフジの実が熟していました。

Nayo_20200615204701

中を開けると黒く熟した丸い種が入っていました。

Nayo2

Vicia villosa Roth subsp. varia (Host) Corb.

Vicia  スズメノエンドウ属。vincire(巻き付く)を語源とする植物名に由来。
villosa  軟毛のある

| | コメント (0)

2020.06.14

オオイタビ(クワ科)

近所でオオイタビに花のうがたくさんついていました。花嚢は壺形で中に多くの小さな花が入っています。柄は1㎝くらいです。雌雄異株。

Ooitabi Oo3_20200614210001  Oo4

葉の先端は鈍頭で、葉裏は灰白色です。托葉は2枚。

Oo2_20200614210001

Ficus pumila L.

Ficus  イヌビワ属。イチジクの古ラテン名。
pumila  矮形の

| | コメント (0)

2020.06.13

ヤブムラサキ(クマツヅラ科)

園地でヤブムラサキの花が咲いていました。もこもこのガクに包まれたお花が箱入りな感じで可愛いです。葉裏は白色の星状毛が多いです。

Yabu_20200613204901   Yabu2_20200613204901

花は下向きにつきます。ガクには白色の軟毛や星状毛が密生します。花冠は4裂、雄しべ4、めしべ1。

Yabu3_20200613204901

Callicarpa mollis Siebold et Zucc.

Callicarpa  ムラサキシキブ属。callos(美しい)+carpos(果実)
mollis  柔軟毛のある

| | コメント (0)

2020.06.12

ハンカイソウ(キク科)

今年も庭でハンカイソウの花が咲きました。立派です。日本名はその壮大な草姿を劉邦の臣下、中国の豪傑はんかいに見たてたのではないかと言うことす。頭花は黄色、舌状花は10個内外。

Hankai    Hankai2    

葉は掌状に裂け裂片はさらに羽状に裂けます。

Hankai3

Ligularia japonica Less.

| | コメント (0)

2020.06.10

ムラサキオオツユクサ(ツユクサ科)

近所でムラサキオオツユクサの花が咲いていました。別名ムラサキゴテン。メキシコ原産。紫色の葉が印象的です。

Murasaki_20200610210001   Murasaki3_20200610210001

花はピンク色、花弁3、雄しべ6、花糸はピンク色で毛があります、雌しべ1。

Murasaki7

Tradescantia pallida (Rose) D.R.Hunt

| | コメント (0)

2020.06.08

テイカカズラ(キョウチクトウ科)

園地でテイカカズラの花がたくさん咲いていました。良い香がします。花は白色、花冠は下部が細い筒となり、先は深く5裂します。花筒の中に雄しべ5、雌しべ1があります。

Teika   Teika2

葉裏

Teika3

Trachelospermum asiaticum (Siebold et Zucc.) Nakai

Trachelospermum  テイカカズラ属。trachelos(頚)+sperma(種子)

| | コメント (0)

2020.06.07

アレチノギク(キク科)

近所の空き地でアレチノギクの綿毛ができていました。このボンボン状の姿が可愛いです。南アメリカ原産。

Areti_20200607171601  Areti2_20200607171601  Areti5_20200607171601

そういえばお花も可愛いです。

Areti3_20200607171601   Areti4_20200607171601

Erigeron bonariensis L.

 

| | コメント (0)

2020.06.06

ホナガタツナミソウ(シソ科)

山道でホナガタツナミソウがたくさん咲いていました。毛が多いです。

Honaga   Honaga3

茎の節の間が短く、葉が茎の下部にかたまってつきます。花は長い筒形の部分が基部で曲がって直立し、先は2唇にわかれます。

Honaga2   Honaga4

Scutellaria laeteviolacea Koidz.

 

| | コメント (0)

2020.06.05

コアジサイ(アジサイ科)

渓流沿いでコアジサイの花が咲いていました。装飾花はありません。薄紫色の花が何とも言えずきれいです。花は両性花です。花弁5、雄しべ10、花柱2~4。

Koajisai_20200605212701   Koajisai2

Hydrangea hirta (Thunb.) Siebold et Zucc.

| | コメント (0)

2020.06.04

ムラサキツユクサ(ツユクサ科)

近所でムラサキツユクサの花が咲いていました(5月22日)。アメリカの東部から中西部に分布。ノハカタカラクサと同じムラサキツユクサ属です。

Murasaki2_20200604210501

花色は青紫から淡紅。花糸に紫色の毛が密生し、この毛はノハカタカラクサの花糸の毛と同じように数珠玉状の一列の細胞からなります。

Murasaki_20200604210501   Murasaki3

Tradescantia ohiensis Raf.

 

| | コメント (0)

2020.06.03

ノハカタカラクサ(ツユクサ科)

道端でノハカタカラクサの花が咲いていました。南アメリカ原産。

Nohakata

花は白色。萼片3、花弁3、雄しべ6、雌しべ1。花糸は白色で毛を密生します。

No4

Tradescantia fluminensis Vell.

| | コメント (0)

2020.06.01

クララ(マメ科)

川沿いの道でクララの花が咲いていました。花は淡黄緑色の蝶形花です。

Kurara   Kurara2

葉は奇数羽状複葉です。

Kurara3

Sophora flavescens Aiton

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »