« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019.06.29

タイサンボク(モクレン科)

土手でタイサンボクの花が咲いていました。大きくてきれいです。

顔を近づけるととってもいい香りがします。北アメリカ原産。

Taisanboku_20190629212001

花被片9個はすべて花弁状です。円錐状の花床に多数の雄しべ雌しべがらせん状につきます。

   Taisanboku2

雌しべの下に落ち残った雄しべがみえます。

Taisanboku3

 Magnolia grandiflora L.

| | コメント (0)

2019.06.23

アベマキ(ブナ科)

近所の公園でアベマキの実がついていました。

Abemaki

堅果。殻斗には線形の鱗片がらせん状にびっしりとつきます。

2年目の実。                

Abemaki2

よく見ると今年の実もついています。     Abemaki4      

Quercus variabilis Blume

variabilis 変わりやすい

| | コメント (0)

2019.06.20

ミノボロモドキ(イネ科)

庭の土を入れたところにイネ科の植物がでてきました。

絵あわせで見るとミノボロモドキのようです。

ヨーロッパ原産。

円柱状の穂をつけます。

Minoboro                Minoboro2

Rostraria cristata (L.) Tzvelev

 

| | コメント (0)

2019.06.11

ヒスイラン(パイナップル科)

私市植物園に行くとプヤ・アルペストリス(ヒスイラン)が咲いていますよと教えていただきました。

原産地南米チリ。南米アンデス山脈の3000m級の高地に育ちます。

Hisui

高くのびた花序にはとげがついたような枝が分枝し、この枝に花が集まって咲きます。

Hisui2

花弁3、雄しべ6、雌しべ1。翡翠色の花弁にオレンジ色の約がきれいです。

Hisui3


Puya alpestris

alpestris 亜高山帯の

| | コメント (0)

2019.06.06

ヒトリシズカ(センリョウ科)

林縁にヒトリシズカが生えていました(兵庫県)

葉につやがあります。

頂上に2対の葉が十字形に対生しますが、あいだが接近して

輪生のように見えます。

茎は紫色を帯びたものが多かったです。

Hitori

実がついていました。        Hitori2

Chloranthus quadrifolius (A.Gray) H.Ohba et S.Akiyama

 

 

| | コメント (0)

2019.06.05

ナナカマド(バラ科)

駐車場でナナカマドの花が咲いていました。

Nana

葉は互生。奇数羽状複葉。

                 Nana2

雄しべ20、花柱3~4。

Nana3

Sorbus commixta Hedl.

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »