« フサザクラ(フサザクラ科) | トップページ | トキワトラノオ(チャセンシダ科) »

2018.12.14

オオキヨズミシダ(オシダ科)

林道でオオキヨズミシダが生えていました。
オオはヒメカナワラビ(キヨスミシダ)より葉が大きいことによります。

Oo

小羽片の基部が流れて翼になります。
ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間かやや中肋よりにつきます。

Oo2


葉柄の鱗片は褐色、披針形のものと線形のものが混在します。

Oo3





Polystichum tsus-simense (Hook.) J.Sm. var. mayebarae (Tagawa) Sa.Kurata

|

« フサザクラ(フサザクラ科) | トップページ | トキワトラノオ(チャセンシダ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオキヨズミシダ(オシダ科):

« フサザクラ(フサザクラ科) | トップページ | トキワトラノオ(チャセンシダ科) »