« メハジキ(シソ科) | トップページ | ミズヒキ(タデ科) »

2018.09.26

カラスビシャク(サトイモ科)

道端でカラスビシャクの花序がでていました(交野)。
花序の付属体は長く糸状にのび、仏炎苞の外にでて直立します。


Karasu

よく見ると葉があちこちにでていました。
葉は3小葉からなります。

Karasu2





Pinellia ternata (Thunb.) Breitenb.

Pinellia ハンゲ属。 イタリアのG.V.Pinelli (1535-1601)への献名。
ternata 3出の

|

« メハジキ(シソ科) | トップページ | ミズヒキ(タデ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスビシャク(サトイモ科):

« メハジキ(シソ科) | トップページ | ミズヒキ(タデ科) »