« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018.07.28

ミヤマイタチシダ(オシダ科)

登山道でミヤマイタチシダがでていました。
ミヤマは深山に生育することによります。
葉の表面はテカリがあり、ちょっと繊細な感じのきれいなシダです。
胞子をつける葉では羽片間隔が広いです。


Miyama


ソーラスは葉の上半部につきます。

Miyama3


葉柄には暗褐色で膜質の鱗片が多いです。

Miyama2


Dryopteris sabae (Franch. et Sav.) C.Chr.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.26

オヒョウ(ニレ科)

山道を歩いているとオヒョウがありました(白山市)。
3裂した特徴のある葉を見るとちょっとうれしいです。葉先が3~5裂します。

Ohyou


Ohyu2

葉先が切れ込みのない葉もあります。

Ohyou3






Ulmus laciniata (Trautv.) Mayr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.22

オオヤマサギソウ(ラン科)

樹林内でオオヤマサギソウが咲いていました(白山市)。

Oyama

距は細長く後方につきでます。

Oyama2

葉は2個が大きく狭長楕円形で光沢があります。上部の葉はしだいに小型になります。

Oyama3


Platanthera sachalinensis F.Schmidt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.11

ベニオオイタチシダ(オシダ科)

園地の管理道で以前ベニオオイタチシダを教えていただきました。
イタチシダの仲間では葉質が薄い感じです。
最下第一小羽片があまり長くなりません。
ハチジョウベニシダの性質を受けついでいるということです。

Beniooitati

苞膜はしばしば赤みを帯びるそうですが、これは白色でした。

Beni2

Dryopteris erythrovaria

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.06

インドソケイ(キョウチクトウ科)

植物園でインドソケイの花が咲いていました。
いい香りがします。

淡紅色あるいは赤色の美しい花をつけます。
枝葉を傷つけると有毒な白い液汁がでます。
花弁が厚く花もちが良いためハワイではレイによく使われます。

Indo2


Indo





Plumeria rubra L. 'Acutifolia'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »