« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018.04.30

ハマイヌビワ(クワ科)

ハマイヌビワに果嚢がたくさんついていました(奄美)。雌雄別株。
葉は両面無毛、左右不対称です。

Hama


雄果嚢。

Hama2






Ficus virgata Reinw. ex Blume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.29

イシガケチョウ(タテハチョウ科)

滝近くのハマイヌビワのまわりをイシガケチョウが飛び回っていました。

Hama2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.27

ヨゴレイタチシダ(オシダ科)

林道でヨゴレイタチシダがたくさんでていました(奄美)。
ヨゴレは葉柄や葉軸に密生する鱗片の様子からの連想によります。
左右不対称です。

Yogore

鱗片は褐色~黒褐色。

Yogore2

ソーラスは小型、小羽軸と辺縁の中間につき、包膜は全縁。

Yogore3





Dryopteris sordidipes Tagawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.22

コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)

団地のスーパーのコヒロハハナヤスリを見に行きました。
たくさんでています。ここは観察しやすく嬉しいです!!

Kohiroha






Ophioglossum petiolatum Hook.

ophio 蛇 glosso- 舌
petiolatum 葉柄のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.21

キンラン(ラン科)

もうそろそろ葉がでているころかと団地の公園に見に行きました。
ササの中にキンランの葉がでていました。

Kinran


Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

ハイノキ(ハイノキ科)

近所の植栽のハイノキの花が咲いていました。
花弁5、雄しべ多数。雄しべが長く目立ちます。

Hainoki


Hainoki2





Symplocos myrtacea Siebold et Zucc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.17

コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)

団地のアスファルトのすき間からコヒロハハナヤスリがでてきていました。

Kohiroha2

Kohiroha




Ophioglossum petiolatum Hook.

ophio 蛇 glosso- 舌
petiolatum 葉柄のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.14

ザイフリボク(バラ科)

団地の公園でザイフリボクのお花が咲いていました(4月4日)。別名シデザクラ。


Zaifuri


花弁5、雄しべ多数、花柱5。

Zaifuri2





Amelanchier asiatica (Siebold et Zucc.) Endl. ex Walp.
Amelanchier ザイフリボク属。 Savoyの土名。 asiaticaはアジアの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.08

カリン(バラ科)

庭でカリンの花が咲きました。苗を植えて10年、今年始めて咲きました。
両性花と雄花が混生します。

Karin

両性花。雄しべの中央に花柱が5個あります。

Karin2





Pseudocydonia sinensis (Thouin) C.K.Schneid.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.04.06

エドヒガン(バラ科)

ダム湖沿いにエドヒガンが咲いていました。
花は白っぽい色で小振りです。

Edohigan

花柄、萼に開出毛が密生します。
萼筒がぷっくりふくれます。

Edohigann2




Cerasus spachiana Lavalée ex H.Otto var. spachiana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.03

モモ(バラ科)

何年も前に美味しいモモの種を庭に埋めておきました。
今年はたくさん花をつけました。今年は食べれるのでしょうか?ワクワク!!
葉が真ん中で両サイドに花がついています。雄しべ多数、雌しべ1。

Momo


源平咲きです。

Momo2


Momo3



Amygdalus persica L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

ユスラウメ(バラ科)

近所でユスラウメが咲いていました。
花弁5、雄しべ多数、雌しべ1。

Yusura

冬芽の時、側芽は3個並び、中央は葉芽、両脇は花芽です。
今花の時期に見ると確かに中央から葉、両サイドから花がでています。

Yusura2



Microcerasus tomentosa (Thunb.) G.V.Eremin et Yushev

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »