« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017.12.30

ユスラウメ(バラ科)

ユスラウメの冬芽がでていました。

Yusura2


ユスラウメの仲間は側芽が3個並びます。中央は葉芽、両脇は花芽です。

Yusura





Microcerasus tomentosa (Thunb.) G.V.Eremin et Yushev

tomentosa  ビロード毛のある、密に細綿毛のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.23

キノクニベニシダ(オシダ科)

キノクニベニシダを教えていただきました。


Kinokuni


羽片は中軸に直角につきます。

Kinokuni2_2


ソーラス。早い時期では包膜は紅色です。

Kinokuni3


Dryopteris kinokuniensis Sa.Kurata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.15

コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)

団地のスーパーの緑地にコヒロハハナヤスリがたくさんでていました。
栄養葉と胞子葉は基部で合着します。栄養葉は長三角形で基部に短柄があります。

Kohiroha


Kohiroha2



Ophioglossum petiolatum Hook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.07

アブラギリ(トウダイグサ科)

アブラギリの大きな葉が目立っています(和歌山)。

Abura


葉身の表面基部に柄のある腺が2個あります。

Abura2


葉裏。

Aburagiri3





Vernicia cordata (Thunb.) Airy Shaw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.01

ミミズバイ(ハイノキ科)

神社の境内でミミズバイが生えていました(和歌山)。

Mimizu


葉裏は白色を帯び側脈が見えます。


Mimizu2



Symplocos glauca (Thunb.) Koidz.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »