« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017.08.27

ペパーミント(シソ科)

庭のペパーミントの花が咲きました。コショウハッカ。ヨーロッパ原産。
全体ほぼ無毛。短い葉柄があります。葉には多数の腺点があります。

Pepper


花は薄紫色。花輪は互いに少し離れてつきます。雌しべは花冠からつきでますが雄しべはでません。

Pepper3


Pepper2





Mentha x piperita L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.25

ネコノヒゲ(シソ科)

植物園でネコノハナが咲いていました。白い花からつきでた雄しべ、雌しべがうつくしいです。原産国インド、マレーシア。

Neko_2

雄しべ4、雌しべ1。

Neko2_2





Orthosiphon aristatus (Blume) Miq.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.22

シマトネリコ(モクセイ科)

庭の剪定したシマトネリコの枝にクマゼミの産卵痕ができていました。

Sima


Sima2





シマトネリコをよく見るとあちこちにクマゼミがとまっていました。

Kuma






Fraxinus griffithii C.B.Clarke

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.18

ハナイカダ(ハナイカダ科)

ハナイカダの実がついていました(交野市)。
よく見ると形がいびつです。ハナイカダミフクレフシです。
ハナイカダミタマバエにより実が不規則に膨れ変形します。

Hanaikada


Hanaikada2



Helwingia japonica (Thunb.) F.Dietr.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

エゴノキ(エゴノキ科)

エゴノキに実がついていました(四条畷)。

Egonoki



よく見るとエゴノネコアシという虫えいがついていました。
バナナのような形の袋が放射状に集まった様子をネコの足にたとえて猫足の名がつきました。
エゴノネコアシアブラムシの幼虫が冬芽に寄生して作ったものです。
7月頃に虫えいの先が開いて中からエゴノネコアシアブラムシがでてきます。

Egonoki2


Egonoki3



Styrax japonica Siebold et Zucc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

ヤマコウバシ(クスノキ科)

ヤマコウバシの実がついていました(四条畷)。雌雄別株だが雌株しかなく、雄株なしで結実するそうです。

液果。球形。10~11月に黒く熟します。

Yama


Yama2




Lindera glauca (Siebold et Zucc.) Blume

Lindera クロモジ属。
スウェーデンのJ.LInder(1676-1723)への献名
glauca 帯白色の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »