« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016.07.27

ナンバンルリソウ(ムラサキ科)

今年は植物園の熱帯植物の植えだしが少なくて残念です。ナンバンルリソウは例年通り元気です。熱帯アジア原産。
Nanban2
先端に花穂を出し、白色から紫色の小さな5裂した花を1側面につけます。
Nanban3




Heliotropium indicum L.

helio- 太陽 tropium 熱帯の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.24

オニユリ(ユリ科)

植物園ででオニユリの花が咲いていました。地下には白いりん茎があり食用になります。
Oni
外花被3、内花被3、花被片は強く反り返り、内面に多くの黒紫色の点があります。
雄しべ6で葯は丁字着(葯が花糸にT字形につきます)。雌しべ1。3倍体で結実しません。
Oni2
葉の基部に黒紫色の球芽をつけます。
Oni3




Lilium lancifolium Thunb.

Lilium ユリ属。 ギリシア語のleirion(ユリ)から。
lancifolium 皮針形葉の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.19

ウシノシッペイ(イネ科)

団地の土手でウシノシッペイがたくさんでていました。土地の造成でなくなったところもありますがここは健在です!!
Usi
雄しべ3で葯は暗褐色。
Usi2




Hemarthria sibirica (Gandog.) Ohwi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.15

ハナカンナ(カンナ科)

近所の公園でハナカンナが咲いていました。Hana
花弁のように見えるのは雄しべの変形したものです。5枚あります。そのうち葯を持つのは1枚です。真ん中に見えるへら状のものは花柱です。
Hana2
内花被、外花被
Hana3




Canna x generalis L.H.Bailey

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.11

ヒメヒオウギズイセン(ヒガンバナ科)

団地でヒメヒオウギズイセンが咲いていました。朱色の花が目立っています。
Hime
Hime3
雄しべ3、雌しべ1で先は3裂します。


Crocosmia x crocosmiflora (Lemoine) N.E.Br.

Crocosmia クロコスミア属。 crokos(サフラン)+osme(匂い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.06

コジキイチゴ(バラ科)

精華町の公園でコジキイチゴがでていました。Kojiki
茎には紅紫色の腺毛が密生します。Kojiki2




Rubus sumatranus Miq.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »