« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015.02.26

ドイツトウヒ(マツ科)

植物園のドイツトウヒの大きな褐色の球果が垂れ下がっていました。とても目立っています。球果は円筒形、トウヒの仲間では最大です。秋に緑色から褐色に熟します。
Doitu
Doitu2
Picea abies (L.) Karst.
Piceaトウヒ属。pix(ピッチ)に由来するマツの1種のラテン名を転用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.24

ミヤマノコギリシダ(イワデンダ科)

奈良の神社の境内にミヤマノコギリシダが生えていました。ミヤマは山地に生育することによります。羽片は浅~深裂し、基部に耳垂がありません。Miyama
ソーラスは裂片の中肋から辺縁にかけて伸びます。Miyama2
Diplazium mettenianum (Miq.) C.Chr.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.20

カナリーヤシ(ヤシ科)

植物園のカナリーヤシ。カナリア諸島に分布。フェニックス属では最も大きい。Canari
Canari2
Phoenix canariensis Hort. ex Chab.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.17

ヤタイヤシ(ヤシ科)

植物園のヤタイヤシ。原産地はアルゼンチン、パラグアイ。幹は高さ6m。幼木ではとくに優雅。花は黄色。果実は暗黄~橙色または赤みのあるあかね色。
Yatai
Yatai2
Butia yatay

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.14

ブラジルヤシ(ヤシ科)

植物園のブラジルヤシ。原産地はブラジル。幹は高さ6m。葉柄の基部で長期間おおわれます。Burajiru
まだ果実がついています。Burajiru2
果実は橙色でやや円錐状。Burajiru3
Butia capitata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.11

キカラスウリ(ウリ科)

家のキカラスウリの実が黄色く色づいていました。Kikarasu
半分に切ってみると中にたくさんの種子がはいっていました。100個以上あります。なめてみると甘いです。
Kikarasu2
種子Kikarasu3
Trichosanthes kirilowii Maxim. var. japonica (Miq.) Kitam.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.09

コナラ(ブナ科)

団地の公園の土手を見ているとあちこちでコナラのどんぐりから根がでています。
Konara
Konara2
Quercus serrata Murray
serrataは鋸歯状の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.06

コバノヒノキシダ(チャセンシダ科)

犬の散歩にいつも行かないコースを行くと駅近くの住宅の溝にコバノヒノキシダがでていました。コバはこのシダの小羽片がヒノキシダの小羽片をさらにもう一回切れ込まして、小さくした形をしていることに因ります。
Koba
中軸の溝にかまぼこ状のもりあがりがあります。Koba2
ソーラスKoba3
Asplenium anogrammoides Christ ex H.Lév.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.03

スイカズラ(スイカズラ科)

スイカズラに冬芽がついていました。狭卵形。芽鱗は暗赤褐色で、先は反りかえります。枝の粗い毛が目立ちます。Suikazura
芽鱗には腺点があります。Suikazura2
Lonicera japonica Thunb.
Lonicera はドイツのA.Lonitzer(1528~1586)への献名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »