« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.27

オオバヤシャブシ(カバノキ科)

近所の山を歩いているとオオバヤシャブシの頂芽が目につきます。紡錘型で先が尖ります。艶がありきれいです。葉芽は2枚の芽鱗化した托葉に包まれます。1年枝はほぼ円柱形で皮目がおおいです。Ooba
Alnus sieboldiana Matsum.
Alnusハンノキ属。本属の1種の古ラテン名alnusに由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.24

ツグミ(ツグミ科)

クロガネモチにツグミが留まっていました。クロガネモチの実に囲まれて満足そうです。
Tugumi2
Tugumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.23

シャシャンボ(ツツジ科)

シャシャンボの冬芽はどんなかと思い見てみると小さな球形の可愛い形の冬芽がついていました。仮頂芽型。
Syasyannbo
Vaccinium bracteatum Thunb.
bracteatum 苞葉のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.20

ソヨゴ(モチノキ科)

ソヨゴの冬芽。葉柄起源の肉質の芽鱗が5枚ほどあります。Soyogo
Ilex pedunculosa Miq.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.18

キジムシロ(バラ科)

日当たりの良い土手でキジムシロの花が咲いていました。花は黄色の5弁花です。
Kiji
Kiji2
葉は5~7小葉からなります。Kiji3
Potentilla fragarioides L. var. major Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.15

アケビ(アケビ科)

雑木林でアケビがつるをのばしていました。よく見ると冬芽が伸びてきています。副芽があります。
Akebi
Akebi2
Akebia quinata (Houtt.) Decne.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.12

ホオジロ(ホオジロ科)

淀川河川敷でホオジロが数羽いました。雌は色が鈍く顔は白と褐色です。Hojiro
Hojiro2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.10

ダイオウショウ(マツ科)

神社にダイオウショウが植わってました。アメリカ東南部原産。Daiou
葉が長くてきれいです。Daiou2
葉が落ちていました。3葉です。Daiou3
Pinus palustris Mill.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.07

アズキナシ(バラ科)

山で赤い実がたくさん落ちていました。よく見ると表面に白い皮目があります。アズキナシです。花のあとがく片は脱落し、頂部にまるい跡が残ります。Azuki
近くに葉も落ちていました。Azuki2
Aria alnifolia (Siebold et Zucc.) Decne.
alnifolia Alnus(ハンノキ属)に似た葉の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.05

クロモジ(クスノキ科)

山道を歩いているとクロモジの冬芽が目にはいりました(滋賀県)。葉芽は紡錘形、芽鱗は2~4枚。花芽は球形で先がやや尖ります。花柄は有毛です。Kuro_2
Lindera umbellata Thunb.
Lindera クロモジ属。スウェーデンのJ.Linder(1676-1723)への献名。
umbellata 散形花序の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.03

セイヨウバクチノキ(バラ科)

セイヨウバクチノキの蜜腺はどこだっけと見にいきました。葉裏におとなしくついていました。Seiyou
Seiyou2
Laurocerasus officinalis M.Roem.
officinalis 薬用の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.01

タイサンボク(モクレン科)

植物園のタイサンボクの冬芽。頂芽は毛筆型、2枚の托葉が合着した芽鱗に包まれます。托葉痕は1周します。
Tai
Tai2
Magnolia grandiflora L.
grandiは大きい、-floraは、花の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »