« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014.01.30

イチゴノキ(ツツジ科)

団地のマンションの植栽のイチゴノキに可愛いお花がついていました。Itigo
Itigo2
Arbutus unedo L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.27

セイヨウバクチノキ(バラ科)

市内の公園でセイヨウバクチノキが植栽されていました。Seiyou
冬芽Seiyou2
Laurocerasus officinalis M.Roem.
officinalis 薬用の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.24

ナラガシワ(ブナ科)

団地のナラガシワに冬芽がついていました。枝先に4~6個芽が集まります(頂生側芽)。芽鱗は褐色~赤褐色で灰白色の軟毛があります。葉痕は突き出します。Nara
Quercus aliena Blume
Quercus コナラ属。本属植物のラテン古名に由来。
aliena 異なった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.22

カジイチゴ(バラ科)

団地の土手にカジイチゴがでていました。枝には刺がありません。葉は掌状に3~7中裂します。Kaji
Rubus trifidus Thunb.
Rubusキイチゴ属。本属植物のラテン名に由来。
trifidus3中裂の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.20

シリブカガシ(ブナ科)

団地の公園でシリブカガシがあります。Siri
アップで見ると雌花序がでているようです。花期は9月頃です。Siri2
葉はマテバシイに似ています。Siri3
Lithocarpus glaber (Thunb.) Nakai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.17

サルスベリ(ミソハギ科)

公園でサルスベリに球形の蒴果がついていました。熟すと6裂します。Saru
種子には広い翼があります。Saru3
Lagerstroemia indica L.
Lagerstroemiaサルスベリ属。M. von Lagerstroem(1696-1759)への献名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.15

コマツナギ(マメ科)

あぜ道でコマツナギの茶色の豆果がついていました。Koma
中には2mmほどの種子が入っていました。Koma2
Indigofera pseudotinctoria Matsum.
Indigofera indigo(藍)+fero(有する)
pseudotinctoria pseudo(偽の)tinctoria(染色の)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.13

オヤブジラミ(セリ科)

庭でオヤブジラミの芽生えがたくさんでていました。よく見ると線形の子葉がついていました。Oyabu
Torilis scabra (Thunb.) DC.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.10

コクラン(ラン科)

交野の竹林にコクランの葉がでていました。果実の抜け殻も残っていました。この葉はいつまで残るのでしょう。
Koku
Koku2
Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.06

コゲラ(キツツキ科)

淀川の河川敷を歩いているとギーッという声が聞こえました。見るとコゲラが木をつついていました。
Kogera2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.01.03

ナナミノキ(モチノキ科)

公園でナナミノキに赤い実がたくさんついていました。去年は実がついていませんでしたが今年はよく生っています。雌雄別株。Nanami2
核果のなかには核が4~5個入っています。核は三角状長楕円形で溝が1本あります。中には種子が1個あります。Nanami3
Ilex chinensis Sims

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.01

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

午年なのでウマノスズクサを。Uma
Aristolochia debilis Siebold et Zucc.
Aristolochiaウマノスズクサ属。aristos(非常によい)+lochos(出産)
debilis か細い
Arima
アリマウマノスズクサ
Aristolochia
温室で見せてもらったアリストロキア・ギガンティア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »