« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013.07.31

ナミアゲハ(アゲハチョウ科)

庭のダキバアレチハナガサの花にナミアゲハがきて蜜を吸っていました。翅の模様がおしゃれです。
Nami
Nami2
Nami3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.28

イヌエンジュ(マメ科)

団地の公園でイヌエンジュの花が咲いていました。Inu
Inu2
旗弁はそりかえります。Inu3
Maackia amurensis Rupr. et Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.26

シチョウゲ(アカネ科)

植物園でシチョウゲの花が咲いていました。別名イワハギ。紀伊半島、四国に分布。紅紫色の花をつけます。Sityouge
Sityouge2
Leptodermis pulchella Yatabe
lepto- 薄い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.23

トロロアオイ(アオイ科)

植物園でトロロアオイの花が咲いていました。大きくて目立ちます。柔らかなきれいな色です。インド、中国(南西部)原産。鑑賞のほか多肉質の根から糊を採る工芸用植物で粘滑剤として薬用にも使われます。食用オクラの近縁植物です。Tororo3

Tororo

Tororo2
Abelmoschus manihot (L.) Medik.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.20

コセンダングサ(キク科)

庭でコセンダングサの芽生えがでていました。Kosendan
下方を見ると広線形の子葉がついていました。Kosendan2
Bidens pilosa L. var. pilosa
Bidensはbi(2)+dens(歯)pilosaは毛深いの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.18

オサバフウロ(カタバミ科)

久しぶりに植物園に行くと熱帯植物のところにオサバフウロがでていました。よく見ると花のついているのもありました。Osaba
Biophytum sensitivum DC.
sensitivum敏感な

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.17

タカノツメ(ウコギ科)

星田でタカノツメの実がついていました。9~10月に黒紫色に熟します。Taka
Taka2
種子Taka3
Gamblea innovans (Siebold et Zucc.) C.B.Shang, Lowry et Frodin

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.15

ヤマノイモ(ヤマノイモ科)

新池への途中のフェンスにヤマノイモが巻きついていました。葉は普通対生、まれに互生。葉の形が美しいです。Yama
Yama2
Dioscorea japonica Thunb.
Dioscoreaヤマノイモ属。ギリシアのP.Dioscorides(A.D.1世紀)への献名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.14

コバノセンダングサ(キク科)

団地の土手でコバノセンダングサの芽生えが出ていました。Koba
Bidens bipinnata L.
Bidensタウコギ属。bi(2)+dens(歯)
bipinnata2回羽状の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.12

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

団地の植え込みでウマノスズクサの葉がでていました。Uma
ここでお花は見たことがないわねと思いよく見るとお花がついていました。Uma2
花弁はなくラッパ形の萼筒の先はとがり、基部は丸くふくれて、その中に花柱と雄しべ6があります。この丸いふくらみの下に子房があります。Uma3
Aristolochia debilis Siebold et Zucc.
Aristolochiaウマノスズクサ属。aristos(非常によい)+lochos(出産)
debilis か細い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.09

ヒメドコロ(ヤマノイモ科)

里山でヒメドコロの雄花序がついていました。雌雄異株。雄花序も雌花序もたれさがります。葉柄基部には小突起があります。Hime
雄花Hime3
Dioscorea tenuipes Franch. et Sav.
Dioscorea ヤマノイモ属。ギリシアのP.Dioscorides(A.D.1世紀)への献名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.08

イワヒバ(クラマゴケ科)

住宅でイワヒバがきれいに植えられていました。葉状枝は群がって樹幹状に開きます。Iwahiba
Selaginella tamariscina (P.Beauv.) Spring

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.05

ツルハナナス(ナス科)

近所でツルハナナスの花が咲いていました。淡い色合いがきれいです。Turu
花冠は5裂します。雄しべ5、葯は花柱を囲みます。Turu2
Turu3
Solanum jasminoides

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.03

タイサンボク(モクレン科)

公園でタイサンボクの立派な花が咲いていました。北アメリカ原産。Tai2
花被片9個。3枚ずつ3輪につきます。花床の上部に多数の雌しべ、基部に多数の雄しべがつきます。
Tai_2
Tai4
Magnolia grandiflora L.
grandiは大きい、-floraは、花の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.01

アオギリ(アオギリ科)

公園のアオギリの雌花はないかしらと見ていると上の方の花序に雌花がついていました。雌雄同株。Aogiri
雌花。子房には柄があり、基部に退化した雄しべのやくがついています。Aogiri2
Firmiana simplex (L.) W.F.Wight
Firmianaアオギリ属。オーストリアのK.J.von Firmian(1718-1782)への献名。
simplex単純な

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »