« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012.08.31

ヌスビトハギ(マメ科)

谷道でヌスビトハギの花が咲いていました。3小葉からなります。葉の形がすっきりしています。小さな可愛いお花です。Nusubito
Nusubito2
Desmodium podocarpum DC. subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi var. japonicum (Miq.)
Desmodiumヌスビトハギ属。desmos(鎖)+eidos(構造)
podocarpum podo-柄ある果実の
oxyphyllum尖った葉の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.29

セスジスズメ

庭でセスジスズメが留まっていました。翅に黒褐色の筋模様があります。背中の中央には細い白線が2本見えます。すっきりしたかっこいい姿です。背中がはげてるようです。Sesuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.27

タンキリマメ(マメ科)

東部公園でタンキリマメの花が咲いていました。この公園では何カ所かで見かけます。葉は3小葉からなり小葉の裏面や萼に黄褐色の腺点があります。花は蝶形花です。Tankiri
Tankiri2
Tankiri3
Rhynchosia volubilis Lour.
Rhynchosiaタンキリマメ属。rhynchos(くちばし)に由来。
volubilisつる性の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.25

ハナスベリヒユ(スベリヒユ科)

ハナスベリヒユが咲いていました。早速雄しべを触ってみました。さわさわさわと雄しべが動きました。これを震動傾性運動といいます。Hana
Hana2
Portulaca oleracea L. x P. pilosa L. subsp. grandiflora (Hook.) R.Geesink
Portulaca oleracea L. スベリヒユ
P. pilosa L. subsp. grandiflora (Hook.) R.Geesink マツバボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.24

ハナスベリヒユ(スベリヒユ科)

公園の花壇でハナスベリヒユが可愛いお花を咲かせていました。ポーチュラカという名前で流通しています。突き出たいかりのような雌しべが面白いです。おしべに触れるとおしべが動き集まってくるそうです。今度忘れず試してみたいです。Hana
Hana2
Portulaca oleracea L. x P. pilosa L. subsp. grandiflora (Hook.) R.Geesink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.22

ツルニガクサ(シソ科)

山の木陰でニガクサの花が咲いていると思いよく見ると萼に腺毛があります。ツルニガクサです。ニガクサも走出枝を出します。萼の上歯の先は鈍く、果期にはやや球状にふくれて口はすぼみます。Turu
Turu2
Teucrium viscidum Blume var. miquelianum (Maxim.) H.Hara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.20

アオサギ

公園のクスノキにアオサギが留まっていました。Aosagi
Ao3
Ao4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.18

ニガクサ(シソ科)

林道にニガクサの花が咲いていました(交野市)。唇形花ですがよく見ると面白い形をしています。上唇は深く2裂し、下唇は3裂中央裂片が大きく垂れ下がります。上唇裂片は下唇の側裂片にくっついているので、下唇が5裂しているように見えます。雄しべ、雌しべは上唇の裂け目から外につきでています。萼には短毛があります。Nigakusa
Nigakusa2
Teucrium japonicum Houtt.
Teucriumニガクサ属。ギリシアの植物名に由来

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.16

イヌビワ(クワ科)

公園でイヌビワの雌果嚢が熟していました。食べてみると少し水っぽいですが美味しかったです。Inubiwa
Ficus erecta Thunb. var. erecta
erecta直立した

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.08.14

センニンソウ(キンポウゲ科)

淀川でセンニンソウの花が咲いていました。花弁はなく4個の白いがく片が花弁のようにみえます。何かいつものセンニンソウと違うと思い見てみると雄しべがこれから伸びてくるのでしょうか。Sen
雄しべ多数。Sen2
Clematis terniflora DC.
Clematisセンニンソウ属。clema(若枝)の縮小形。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.12

イヌゴマ(シソ科)

淀川の河川敷でイヌゴマが群生していました。Inu
雄しべ4本のうち2本は長い2強雄ずいです。雌しべ1。雄しべは上唇側にあり、虫の背に花粉がつきます。Inu2
マメコガネがとまっていました。Mame
Stachys aspera Michx. var. hispidula (Regel) Vorosch.
Stachysイヌゴマ属。stachyus(穂状花)に由来。
asperaはざらざらした
hispidulaは小剛毛がある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.08

ウスヒメワラビ(イワデンダ科)

いつも通らない谷道を行くとウスヒメワラビがありました(生駒)。ウスは葉質が薄いことに因ります。夏緑性の繊細で美しいシダです。葉柄は紫褐色で光沢があります。Usu
Usu2
ソーラスは裂片の辺縁近くにつきます。Usu3
Acystopteris japonica (Luerss.) Nakai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.06

ベニシジミ(シジミチョウ科)

オミナエシでベニシジミが吸蜜していました。愛らしいチョウです。Beni


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.04

ニセコバンソウ(イネ科)

近所の植木鉢のニセコバンソウ。ぺちゃんこの小穂が特徴です。Nise
Nise2_2
Chasmanthium latifolium Michx.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.01

クチベニマイマイ

谷道を歩いているとササの葉にクチベニマイマイがいました。殻口の赤紫色がきれいです。Kutibeni

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »