« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012.06.29

マルバマンネングサ(ベンケイソウ科)

近所でマルバマンネングサの花が咲いていました。Maruba
雄しべ10、葯は赤色。雌しべ(心皮)5。
Maruba3
Sedum makinoi Maxim.
Sedumベンケイソウ属。sedere(座る)に由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.26

ハナズオウ(マメ科)

ハナズオウに扁平な豆果ができていました。上側の縫合線に狭い翼があります。カタツムリの赤ちゃんがいました。カワユイです。Hana
Hana2
Cercis chinensis Bunge

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.24

オオミスジコウガイビル

団地の公園を散歩しているとあちこちにヒルらしきものがいます。ワオ!以前からヒルがいるとは聞いていましたが、半信半疑でしたが・・・コウガイビルに比べてずっと細長いです。Omisuji
Omisuji2
ネットで見てみると外来種のオオミスジコウガイビルのようです。Omisuji3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.22

ヒメコウゾ(クワ科)

ヒメコウゾの実がついていました。橙赤色に熟します。食べてみると甘いのですがしばらくイガイガした感じが残りました。ウーン残念!!Hime
Hime2
Broussonetia kazinoki Siebold

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.19

キレハイヌガラシ(アブラナ科)

寝屋川公園でキレハイヌガラシのお花が咲いていました。別名ヤチイヌガラシ。ヨーロッパ原産。葉は羽状深裂します。Kireha
Kireha2
Rorippa sylvestris (L.) Besser
Rorippaイヌガラシ属。saxonの古名rorippenのラテン語化。
sylvestris森に生じる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.15

ウキヤガラ(カヤツリグサ科)

池の側にウキヤガラがたくさん生えていました。Uki
茎は太い三稜形です。Uki2
雄性期の小穂。褐色になった柱頭と雄しべの葯が見えます。Uki4
Bolboschoenus fluviatilis (Torr.) Soják subsp. yagara (Ohwi) T.Koyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.13

シライトソウ(ユリ科)

林道でシライトソウが咲いていました(石川県)。白色の上品なお花です。花被片6のうち下方の2片はごく短い。雄しべ6、雌しべ1、花柱3裂。Siraito2
Siraito
根生葉は倒披針形、花茎には細い葉がつきます。Siraito3
Chionographis japonica Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.11

ツルデンダ(オシダ科)

川沿いの崖地にツルデンダがついていました(石川県)。ツルは葉身の先端部が伸びていく様子から蔓を連想したことによります。Turu
ソーラスは大きく目立ち、羽片の上のふちに数個並んでつきます。包膜は宿存性で、ソーラスを深くつつみます。Turu2
中軸はむち状に伸び、先端付近に無性芽をつけます。Turu3
Polystichum craspedosorum (Maxim.) Diels

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.09

ヤマグワ(クワ科)

川沿いの道でヤマグワに実がついていました(石川県)。赤色から次第に黒紫色の熟します。長い花柱が残存します。
Yama
Yama2
Morus australis Poir.
Morusクワ属。クワの古ラテン名。
australis南の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.05

ヤガミスゲ(カヤツリグサ科)

河川敷でヤガミスゲがでていました。茎の上方に十数個の小穂をつけます。果胞は熟して開出します。
Yagami2
Yagami3
Carex maackii Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.01

オオヒラタシデムシ(シデムシ科)

団地の公園でオオヒラタシデムシが歩いていました。じっと見てると葉の下にかくれてしまいました。でてきたところを撮ってみました。動物の死体や生ゴミに集まります。必殺掃除人ともいわれているようです。Ohirata
Ohirata2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »