« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.31

ウンナンオウバイ(モクセイ科)

団地でウンナンオウバイがきれいに咲いていました。常緑低木。Unnan
花冠は6~8裂します。雄しべ2、雌しべ1。Unnan2
Jasminum mesnyi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.28

シキミ(シキミ科)

植物園でシキミの花が咲いていました。花は両性。花被片は花弁状で10~20個あります。雄しべは約20個。雌しべ8個が輪生します。Sikimi
Sikimi2
Illicium anisatum L.
Illiciumシキミ属。illicio(引き寄せる、誘惑する)に由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.26

ヒュウガミズキ(マンサク科)

植物園でヒュウガミズキの花の淡い黄色がきれいです。Hyuga_2
花序は短く花が1~3個つきます。葯は黄色です。Hyuga2_3
Corylopsis pauciflora Siebold et Zucc.
Corylopsisトサミズキ属。Corylus(ハシバミ属)+opsis(-に似た)
pauciflora少数花の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

日本錦(ツバキ科)

植物園のツバキを見ていると開きかけのお花の中びっしりオシベがつまっているツバキがありました。日本錦という名前です。Yamato
Yamato2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.22

トサミズキ(マンサク科)

公園でトサミズキの黄色の花がきれいです。Tosa
穂状花序に黄色の花がつきます。軸には毛が密生します。雄しべ5葯は紅色。花柱は2個。1つの花序を見ているとまだつぼみの花や、黄色の花粉をだしている花とあり面白いです。Tosa2
Corylopsis spicata Siebold et Zucc.
Corylopsisトサミズキ属。Corylus(ハシバミ属)+opsis(-に似た)
spicata穂状花序のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.20

ドイツトウヒ(マツ科)

公園でドイツトウヒの枝先に何かついています。ネットで見ると冬芽の芽鱗の開いた姿のようです。Doitu
可愛い形です。Doitu2
Picea abies (L.) Karst.
Piceaトウヒ属。pix(ピッチ)に由来するマツの1種のラテン名を転用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.17

コノテガシワ(ヒノキ科)

公園のコノテガシワに花がついていました。雌雄同株。Konote1
肌色の雌花が可愛いです。下部の鱗片は広卵形、上部のは長楕円形で開出します。鱗片の間からは孔のついた胚珠が見えます。Konote2
Platycladus orientalis (L.) Franco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.13

オモト(ユリ科)

オモトの赤い実がついていました。先に柱頭が残っています。Omoto
中には3個の種子がはいっていました。Omoto2
Rohdea japonica (Thunb.) Roth

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.10

ガガイモ(ガガイモ科)

荒れ地でガガイモの袋果が半分残っていました。中には散り残った種子が入っていました。種子は楕円形で翼があり、先端に種髪と呼ばれる長い毛があります。Gagaimo
Gagaimo2
Metaplexis japonica (Thunb.) Makino
Metaplexisガガイモ属。meta(後に)pleco(編む)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.07

ユズリハ(ユズリハ科)

植え込みのユズリハに果実がついていました。果実は核果。果序は垂れ下がり、果実は藍黒色に熟します。表面は粉をふきます。花柱は宿存します。Yuzuiha
Yuzuriha2
Daphniphyllum macropodum Miq.
Daphniphyllumユズリハ属。Daphne(ジンチョウゲ属)+phyllon(葉)
macropodum長い柄の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.04

シリブカガシ(ブナ科)

植物園でシリブカガシのドングリが落ちていました。へその直径は胴直径の約40%で深く窪みます。へそは一般に尻といわれることが多く、尻が深く窪むことが名前の由来となりました。秋に開花し受粉、翌年の秋に成熟するため、花と成熟したドングリが一緒に見られます。Siri
Lithocarpus glaber (Thunb.) Nakai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.02

ゴンズイ(ミツバウツギ科)

星田の山でゴンズイの冬芽がついていました。枝端に太短い冬芽が普通は2個並びます。芽鱗は1~2対、赤色です。葉痕は半円形~円形。維管束痕は9個で輪状に並びます。Gonzui
Euscaphis japonica (Thunb.) Kanitz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »