« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012.01.29

ハイホラゴケ(コケシノブ科)

岩にハイホラゴケが着生していました(奈良県)。和名のハイは根茎が這い、ホラゴケは山地の洞のような(実際には湿った崖地や岩上)場所に苔のように生育することによります。葉軸や葉柄には裂片と同程度の翼がつきます。高知県植物誌によると、純粋なハイホラゴケは、従来考えられていたよりも小型の植物で、葉の全長は10cm未満ということです。ハイホラゴケと言われていたものの中には雑種が含まれているそうです。Haihora
Vandenboschia kalamocarpa (Hayata) Ebihara

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.25

イヌビワ(クワ科)

イヌビワの雌花嚢がついていました。雌雄別株。雌花嚢の基部はあまり伸びません。Inu
雌花嚢には雌花のみがあります。Inu4
熟した雌果嚢を開けてみるとInu2
そう果。Inu3
Ficus erecta Thunb. var. erecta

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.23

イヌビワ(クワ科)

イヌビワの雄果嚢がついていました。雄花嚢の基部は細長く伸びます。Inubiwa
雄花嚢には雄花と雌花が混在します。ネットで見るとほとんどの子房はイヌビワコバチに寄生されるので雄株の花嚢にはほとんど種子はできないということです。Inubiwa2
Ficus erecta Thunb. var. erecta

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.20

ハナズオウ(ジャケツイバラ科)

枝に残ったハナズオウの果実が風にそよいでいました。豆果は扁平で上側の縫合線に狭い翼があります。Hana
種子は円形です。Hana2
Cercis chinensis Bunge

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.18

シンテッポウユリ(ユリ科)

植物園でシンテッポウユリの果実が裂開していました。Sin
上からのぞいてみるとびっしり種子が詰まっています。Sin2
種子は扁平、周囲に翼がつきます。Sin3
Lilium x formolongo Hort.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.16

ハクサンボク(スイカズラ科)

近所で植えられたハクサンボクの赤い実が可愛いです。核果。Hakusan
Hakusan2
Viburnum japonicum (Thunb.) Spreng.
Viburnumガマズミ属。本属植物の古ラテン名を属名に使用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.15

カロライナジャスミン(マチン科)

カロライナジャスミンに実がついていました。南北アメリカ、メキシコ、グアテマラ原産。Carolina
種子。Carolina2
Gelsemium sempervirens

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.14

ナンキンハゼ(トウダイグサ科)

公園でナンキンハゼの実がたくさん落ちていました。蒴果。3稜のある扁球形で、褐色に熟し裂開します。3個の種子が入っています。種子は白いロウ質の仮種皮に包まれます。Nankin2_2
Nankin_2
Triadica sebifera (L.) Small
sebifera木蝋のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.13

マユミ(ニシキギ科)

淀川の河川敷でマユミの実が一杯ついてきれいです。Mayumi
蒴果。淡紅色に熟すと4裂し、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだします。Mayumi2
Mayumi3
Euonymus sieboldianus Blume
Euonymusニシキギ属。eu(良い)+onoma(名)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.11

ムサシアブミ(サトイモ科)

植物園でムサシアブミの赤い実が目を引きました。Musasi
Musasi2
Arisaema ringens (Thunb.) Schott
Arisaemaテンナンショウ属。ギリシア語の植物名aron+sema(目印)
ringens開口の

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.01.09

イワヘゴ(オシダ科)

川沿いの林道でイワヘゴが生えていました。この和名は松村任三が宮崎県霧島地方で耳にされた方言に因るだろうとのことです。Iwa
Iwa2
ソーラスは羽軸よりにつきます。葉柄と葉軸には黒色から褐色の鱗片が多いです。Iwa3
Dryopteris cycadina (Franch. et Sav.) C.Chr.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.07

フッキソウ(ツゲ科)

植ますでフッキソウの白く熟した丸い実が目立っていました。常緑小低木。葉は常緑でこんもり繁るので繁栄の意味でおめでたい富貴の字があてられたということです。Fukki
果実の上部には花柱が残っています。Fukki2
Fukki3
Pachysandra terminalis Siebold et Zucc.
terminalis頂生の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.06

ノイバラ(バラ科)

淀川の河川敷でノイバラの赤い実がついていました。果実のように見えるのは偽果で、萼筒が肥大して液果状になったものです。Noibara
Noibara2
そう果。Noibara3
Rosa multiflora Thunb.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.05

モチノキ(モチノキ科)

公園のモチノキに赤い実がついていました。核果。先端に4浅裂した柱頭が残ります。Moti
Moti2
Moti4
核。Moti3
Ilex integra Thunb.
Ilexモチノキ属。植物の古ラテン名を転用。
integra全縁の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.03

ニシキギ(ニシキギ科)

公園でニシキギに実がついていました。橙赤色の仮種皮に包まれた種子がぶら下がります。この姿がカワユイです。Nisikigi
Nisikigi2
Euonymus alatus (Thunb.) Siebold f. alatus
Euonymusニシキギ属。eu(良い)+onoma(名)
alatus翼のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.02

ツルウメモドキ(ニシキギ科)

住宅地でツルウメモドキの実がたくさんついてきれいです。蒴果。Turu
Turu2
熟すと3つに割れ、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだします。Turu3
Celastrus orbiculatus Thunb. var. orbiculatus
Celastrusツルウメモドキ属。植物の古代ギリシア名celastrosを転用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »