« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.28

インドハマユウ(ヒガンバナ科)

香里団地の公園でユリのような花が咲いていました。絵合わせでインドハマユウのようです。U字型の葯が面白いです。葯の色は紫がかったグレー、なかなかいい色です。Indo
Indo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

マルバマンネングサ(ベンケイソウ科)

香里団地の公園でマルバマンネングサの花が咲いていました。葉は先が丸く、茎上で対生、花枝では互生します。Maruba
おしぺ10、雌しべ(心皮)5。Maruba2
Sedum makinoi Maxim.
Sedumベンケイソウ属。sedere(座る)に由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.23

ヒメハギ(ヒメハギ科)

香里団地の土手のヒメハギに果実がついていました。果実はうちわ形で扁平、残ったがくにつつまれ、なかに2種子があります。紫色のがくは黄緑色になっていました。Hime
種子は黒褐色で毛がありV字形の種枕がついています。Himetane
Polygala japonica Houtt.
Polygalaはpolys(多)+gala(乳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

ナルトサワギク(キク科)

道路沿いにナルトサワギクが咲いていました。アフリカ南部原産。別名コウベギク。この道路でも広がっていくのでしょうか?Naruto
Naruto2
Senecio madagascariensis Poir.
Senecioサワギク属。senex(老人)に由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

カラスビシャク(サトイモ科)

団地の公園でカラスビシャクが数株でていました。むかごがついていました。球茎をほしたものを半夏とよび、漢方でせき止めにするということです。Kara
Pinellia ternata (Thunb.) Breitenb.
Pinelliaハンゲ属。イタリアのG.V.Pinelli(1535-1601)への献名。3出の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.15

ササユリ(ユリ科)

府民の森でササユリの花が咲いていました。きれいです!!Sasa
花被片は外片の方が幅がせまく、花粉は赤褐色です。Sasa2
Lilium japonicum Houtt.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011.06.12

セニアオイ(アオイ科)

畑地でゼニアオイの花が咲いていました。ヨーロッパ原産。江戸時代に観賞用に導入されました。茎は普通無毛、葉の切れ込みは浅く、花は紫紅色、花弁5。おしべは多数が合生、筒形の単体雄ずいとなり、めしべはその中を通り抜け花柱の先がほぼ10裂します。Zeni
Zeni2
Malva mauritiana L.
Malvaアオイ属。malache(軟らかくする)からでたラテン古名が属名になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.10

ニシキギ(ニシキギ科)

香里団地の住宅でニシキギに実がついていました。枝に顕著な翼があります。Nisiki
Nisiki2
Euonymus alatus (Thunb.) Siebold f. alatus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.07

イイギリ(イイギリ科)

海岸近くでイイギリの花が咲いていました。良い香りがしていました。雌雄別株。Iigiri
雄花。がく片5~6。雄しべ多数。Iigiri2
葉柄の先端に蜜線が2個あります。Iigiri3
Idesia polycarpa Maxim.
Idesiaイイギリ属。オランダのE.Y.Idesへの献名。
polycarpa多果の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

アコウ(クワ科)

アコウの大木が一本ありました。Akou
雌雄同株。果嚢は球形でびっしりついていました。Akou3
Akou2
Ficus superba (Miq.) Miq. var. japonica Miq.
Ficusイヌビワ属。イチジクの古ラテン名。
superba すばらしく立派な

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.03

イヨカズラ(ガガイモ科)

海岸近くでイヨカズラの花が咲いていました。葉は対生。小花柄は有毛。花冠は無毛で5深裂します。Iyo
Iyo2
Vincetoxicum japonicum (C.Morren et Decne.) Decne.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.01

ハマボッス(サクラソウ科)

海岸でハマボッスの花が咲いていました。日本名は「浜払子」で、浜にはえ、花序は花が終わると伸び長くなると、僧侶の用いる払子のようにみえるからということです。茎はしばしば赤みをおびます。Hama
花冠は白色、雄しべ5。Hama2
Lysimachia mauritiana Lam.
Lysimachiaオカトラノオ属。マケドニア王Lysimachosに由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »