« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.29

カマツカ(バラ科)

香里団地の公園でカマツカの花が咲いていました。白く可愛いお花です。花柱2~4基部で合着。雄しべ多数。
Kama
Kama2
Pourthiaea villosa (Thunb.) Decne. var. villosa
Pourthiaeaカマツカ属。フランスの宣教師Pourthis(1866年朝鮮で殺害された)への献名。
villosa軟毛のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.27

ヒメハギ(ヒメハギ科)

香里団地で、5年ほど前に見たヒメハギさんはどうしてらっしゃるかと土手を探していると細々といらっしゃいました(^^)Hime_2
ガク片5のうち左右の2片は大きく、淡紫色で花弁の様に見えます。花弁は3で合生して筒状となり、下の弁の先は裂けてふさのようになります。果実の頃にはガク片は緑色に変わります。
Polygala japonica Houtt.
Polygalaはpolys(多)+gala(乳)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.24

タチタネツケバナ(アブラナ科)

河川敷にタチタネツケバナが生えていました(八幡市)茎や葉にに毛が多く、頂小葉と側小葉は細かく同大です。
Tati
Tati2
Cardamine fallax (O.E.Schulz) Nakai
Cardamineタネツケバナ属。タガラシの1種のギリシア名kardamonに由来。
fallax偽の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.22

ムラサキケマン(ケシ科)

香里団地の公園の入り口のやぶにムラサキケマンが生えていました。葉は何度も見ていましたが花が咲くまでムラサキケマンと気づきませんでした(^^;)花弁4。ケマンは華鬘で、仏前に天井からつるす金銅製の飾り物で花穂をこれに見たてた。Murasaki2
京都の林道でのびのびしたムラサキケマン。Murasaki3
Corydalis incisa (Thunb.) Pers.
Corydalisヤブケマン属。korydalis(ひばり)に由来。
incisa鋭浅裂の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.18

トゲミノキツネノボタン(キンポウゲ科)

淀川の河川敷公園でトゲミノキツネノボタンが群生していました(枚方市)ヨーロッパ原産。Togemi
Togemi2
果実は扁平、側面には刺状突起があります。Togemi3
Ranunculus muricatus L.
Ranunculusキンポウゲ属。rana(蛙)の縮小形。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.15

ザイフリボク(バラ科)

香里団地の公園でザイフリボクの花が満開でした。団地で花を見たのは初めてです。別名シデザクラ。Zai
花弁5、雄しべ20、花柱5。がく片は披針形で、反り返ります。Zai2
Amelanchier asiatica (Siebold et Zucc.) Endl. ex Walp.
Amelanchierザイフリボク属。Savoyの土名。
asiaticaアジアの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.13

ニオイタチツボスミレ(スミレ科)

香里団地の公園でニオイタチツボスミレが咲いていました。Nioi
花柄に微毛があり、側弁は無毛。葉は卵形。いい香がしますhappy01Nioi2
Viola obtusa Makino
obtusa鈍頭の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.08

クリハラン(ウラボシ科)

川沿いにクリハランが群生していました(兵庫県宍粟市)クリハは葉身が栗の葉に似ていることに因ると言われています。Kuriha
Kuriha2
ソーラスは円形から楕円形。Kuriha3
Neocheiropteris ensata (Thunb.) Ching
ensata劔形の

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.06

アカハナワラビ(ハナヤスリ科)

神社の境内のアカハナワラビが葉の縁以外はすっかり赤色が抜けていました。Aka
Aka2
Botrychium nipponicum Makino

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.04

ゴモジュ(スイカズラ科)

楽しみにしていたゴモジュの花が咲き出していました。別名タイトウガマズミ、コウルメ。
Gomo
花冠は高杯状、上部は5裂します。よく見ると6裂のもあります。Gomo2
Viburnum suspensum Lindl.
Viburnumガマズミ属。本属植物の古ラテン名を属名に使用。
suspensum懸垂した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.02

タムシバ(モクレン科)

植物園のタムシバの花が咲いていました。Tamu
タムシバの芽鱗は托葉2個と葉柄が合着したものということです。花に芽鱗の残っているのを見ると芽鱗の間に葉のようなものがついていました。Tamu2
外側の花被片3個は萼状、内側の6個は花弁状です。Tamu3
Magnolia salicifolia (Sieb. et Zucc.) Maxim.
salicifolia Salix(ヤナギ属)に似た葉の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »