« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.28

笑顔

植物園でピンクの花がきれいに咲いていました。名札を見ると「笑顔」という名前でした。優しい暖かさに包まれるような気持ちがしました。ヤブツバキとサザンカの交雑種のハルサザンカ系です。Egao
Egao2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.02.26

オオイタビ(クワ科)

近所のオオイタビ。葉の先端は鈍頭で、葉裏は灰白色です。頂芽は裸芽で2枚の托葉が冬芽を包みます。褐色の短毛が密生します。Ooitabi
Ooitabi2
Ficus pumila L.
Ficusイヌビワ属。イチジクの古ラテン名。
pumila矮形の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.21

レッド・ロビン(バラ科)

レッド・ロビンはカナメモチとオオカナメモチの雑種です。生け垣によく利用されます。葉の形はカナメモチによく似ていますが、カナメモチほど細かい脈まではっきり見えません。Red_2
Red2
Photinia glabra (Thunb.) Maxim. x P. serratifolia (Desf.) Kalkman

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.16

カナメモチ(バラ科)

団地の公園のカナメモチ。葉表から透かしてみると細かい網目まで見えます。Kaname
Kaname2
Photinia glabra (Thunb.) Maxim.
Photinia カナメモチ属。photeinos(輝く)に由来。
glabraは無毛の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.10

ゴモジュ(スイカズラ科)

団地の植え込みで見かけない植物がありました。Gomo3
花は円錐花序にでます。Gomojyu
葉をもむとゴマの香がしました。名前の由来はゴマ樹がゴモジュに転訛したらしいです。葉裏。Gomo2_2
Viburnum suspensum Lindl.
Viburnumガマズミ属。本属植物の古ラテン名を属名に使用。
suspensum懸垂した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.06

オオカナメモチ(バラ科)

植物園のオオカナメモチ。別名テツリンジュ(鉄輪樹)。Ookaname
芽や葉はカナメモチより大きいです。葉の基部は広いくさび形で、葉の縁には刺状の鋸歯があります。Ookaname2
透かして見ると大きい網目が見えます。Ookanam3
Photinia serratifolia (Desf.) Kalkman
Photiniaカナメモチ属。photeinos(輝く)に由来。
serratus鋸歯状の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.04

オオマツヨイグサ(アカバナ科)

庭で立派なオオマツヨイグサのロゼットが出ていました。根生葉は有柄 で先が丸く、中央脈の上面は帯白色。きょ歯はまばらです。北米大陸産の植物をもとに欧州で作り出された園芸植物だといわれ明治初年頃渡来。Oomatuyoi
Oenothera glazioviana Micheli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

マツヨイグサ(アカバナ科)

団地でマツヨイグサのロゼットが葉を広げていました。葉は濃緑色で白い中央脈が目立ちます。南米原産。江戸末期に舶来。Matuyoi
Oenothera stricta Ledeb. ex Link
Oenothera oinos(酒)+ether(野獣)
stricta直立の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »