« キオン(キク科) | トップページ | クルマバナ(シソ科) »

2010.08.05

タチヒメワラビ(ヒメシダ科)

伊吹山のタチヒメワラビ。タチは葉柄が根茎から1本立ち上がることに因るということです。きれいなシダです。Tati
葉身は下部に向けて次第に狭まります。Tati4
Tati2
ソーラス、包膜はありません。Tati3
Thelypteris bukoensis (Tagawa) Ching

|

« キオン(キク科) | トップページ | クルマバナ(シソ科) »

コメント

ネットサーフィン中に偶然立ち寄りました。香里団地とは団塊世代の私が生まれ育った寝屋川市内のことのようですね、駅の近く、八坂神社で夕方に靴を投げコウモリが中に入って落ちてくるのやフクロウを見て遊んだものです。、市内には私が通った「東小学校」西、南、北、と第五小学校の5校しかなく、田の畦のヒガンバナやレンゲ、麦畑の霜柱を踏んで通学しました。

投稿: 通りすがり | 2011.06.05 07:49

通りすがりさん

初めまして(^^)

フクロウがいたのですね!!

香里団地は枚方市ですが土手に在来の
植物があったりして面白いところです(^^)

またお立ち寄りください。

投稿: mari | 2011.06.05 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タチヒメワラビ(ヒメシダ科):

« キオン(キク科) | トップページ | クルマバナ(シソ科) »