« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.31

エドヒガン(バラ科)

エドヒガンが咲いていました。この淡い色がきれいです。春の彼岸のころに咲き東京に多く植えられていたことからエドヒガン。花柄や萼に毛があります。萼筒はまるくふくらみ上部がくびれた壺形。Edo
Cerasus spachiana Lavalée ex H.Otto f. ascendens (Makino) H.Ohba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

シナノキ(シナノキ科)

植物園のシナノキの冬芽。芽鱗は2枚見え、外側は小さく、内側のは大きく特徴があります。赤褐色でつやがあり無毛です。Sinanoki_2
Tilia japonica (Miq.) Simonk.
Tiliaボダイジュの古ラテン名tiliaを使用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.28

フウ(マンサク科)

植物園でフウの花序がでていました。雌雄同株。雄花序は総状に集まってつきます。雄しべのオレンジ色の葯が目立ちます。雌花序は球形で単生。雌花の赤色が可愛いです。Fu2
Liquidambar formosana Hance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

アラカシ(ブナ科)

アラカシの芽がほどけて伸びていました。Arakasi
Ara3_2
芽鱗が多いので長く伸びるのでしょうか?Ara2_2
Quercus glauca Thunb.
Quercusコナラ属。本属植物のラテン古名に由来。
glauca帯白色の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.26

アマヅル(ブドウ科)

尾根道でアマヅルの冬芽がふくらんでいました。甘蔓。このピンク色が可愛いですhappy01別名オトコブドウOtoko
Otoko2
Vitis saccharifera Makino
Vitisブドウ属。ブドウの古ラテン名。
saccharifera砂糖を有する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

ミズナ(アブラナ科)

ハタケでミズナのお花がきれいに咲いていました。Mizuna3
花弁4、がく片4、雄しべ6個で、4個が長く2個が短い(4強雄ずい)です。雌しべ1。Mizuna2
Brassica rapa L. var. nipposinica (L.H.Bailey) Kitam.
Brassicaアブラナ属。キャベツの古ラテン名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.21

ハカマウラボシ(ウラボシ科)

情報館の入り口にハカマウラボシがありました。ビカクシダと同様に胞子葉と巣葉(泥よけ葉)の2形葉です。ハカマは根元の茶色の泥よけ葉の印象が袴を連想させることによります。Hakama
胞子葉Hakama2
Drynaria roosii Nakaike

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.19

ヤマモモ(ヤマモモ科)

ヤマモモの雌花序がでていました。雌雄別株。Yama
花柱は赤色で1個、2裂し花の外に突き出ます。Yama2
Myrica rubra Siebold et Zucc.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.18

ヤマモモ(ヤマモモ科)

ヤマモモの雄花序がでていました。Yama
雄花の葯は2室で縦に裂けます。Yama2
Myrica rubra Siebold et Zucc.
rubra赤い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.14

イワナシ(ツツジ科)

山道でイワナシの花が咲いていました。可愛いお花ですhappy01Iwa
葉は硬く褐色の毛が目立ちます。Iwa3
雌しべ1、雄しべ10花糸に白毛があります。Iwa2
Epigaea asiatica Maxim.
Epigaeaイワナシ属。epi(上)+gaia(地)
asiaticaアジアの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.13

キクザキリュウキンカ(キンポウゲ科)

近所の空き地でキクザキリュウキンカの花が咲いていました。北アメリカ原産。Kikuzaki
Kikuzaki3
葉は心形、地下に走出枝があります。Kikuzaki2
Ranunculus ficaria L.
Ranunculusキンポウゲ属。rana(蛙)の縮小形。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

ユズリハ(ユズリハ科)

ユズリハが見たいと思っていると町で植栽されていました。ヒメユズリハに比べてごつい感じです。Yuzuriha2
側脈は10~19対でヒメユズリハより多く、網目状の脈は粗いです。Yuzuriha
Daphniphyllum macropodum Miq.
Daphniphyllumユズリハ属。Daphne(ジンチョウゲ属)+phyllon(葉)
macropodum長い柄の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.07

モチノキ(モチノキ科)

モチノキの雄花が咲いていました。雌雄別株。Moti
雄花は枝にたくさんつきます。雄しべ4個と退化した雌しべがあります。Moti2
Ilex integra Thunb.
Ilexモチノキ属。植物の古ラテン名を転用。
integra 全縁の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

タイキンギク(キク科)

海岸近くの公園でタイキンギクの花が咲いていました。(和歌山県)茎はつる状に長く伸びます。葉は三角形で特徴があります。Tai
Senecio scandens Buch.-Ham. ex D.Don
Senecioサワギク属。senex(老人)に由来。
scandensはいあがる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.02

ビカクシダ類(ウラボシ科)

ビカクシダは巣葉(泥よけ葉)とよばれる落葉溜め用のものと胞子葉の二形になります。胞子葉は先が2叉しソーラスは先端部にできます。Bikaku
Bakiku2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »