« モッコク(ツバキ科) | トップページ | タチカンツバキ(ツバキ科) »

2009.12.07

タチバナモドキ(バラ科)

団地でタチバナモドキのり実がついていました。梨果は偏球形で橙黄色に熟します。中国県産。明治時代に渡来しました。Tati
葉裏に灰白色の毛が密生します。Tati2
種子。Tati3
Pyracantha angustifolia (Franch.) C.K.Schneid.
angustifolia細葉の

|

« モッコク(ツバキ科) | トップページ | タチカンツバキ(ツバキ科) »

コメント

秋は色々な木の実を見ることが出来て楽しいです。タチバナモドキは明治に渡来したのですね。そういえば古い日本画などでは見かけない様な気もします。

投稿: sanagon | 2009.12.08 18:39

snagonさん

そういえば画材にぴったりですね。
ついでにカザンデマリ(ヒマラヤトキワサンザシ)はヒマラヤ~中国西部原産、昭和初年に中国の崋山から。
トキワサンザシはイタリア~西アジア原産、明治中頃に渡来ということです。

投稿: mari | 2009.12.10 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タチバナモドキ(バラ科):

« モッコク(ツバキ科) | トップページ | タチカンツバキ(ツバキ科) »