« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.28

ネズミサシ(ヒノキ科)

団地の公園のネズミサシ。Nezu
葉は3輪生。先は尖り、表面には深い溝状になった白い気孔帯があります。葉をもむといい香がします。Nezu2
Juniperus rigida Siebold et Zucc.
rigida硬直な

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.27

マサキ(ニシキギ科)

側を通ると数羽のヒヨドリが飛び立ちました。何があるのかと見てみるとマサキの種を食べていたようでした。この橙色が可愛いです。蒴果は球形、4裂します。種子は橙赤色の仮種皮に包まれます。かじってみると青っぽい味がしました。ウム、美味しくないでっす。Masaki
この仮種皮をとってみると中は真っ白。Masaki3
側芽は対生、長卵形です。Masaki2
Euonymus japonicus Thunb.
Euonymusニシキギ属。eu(良い)+onoma(名)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.24

ビロードムラサキ(クマツヅラ科)

植物園のビロードムラサキは各部にビロードの様な毛が密生し暖かそうですhappy01ビロードムラサキという名がぴったりです。別名オニヤブムラサキ、コウチムラサキ。Biro
果実の下部は萼に包まれ白色に熟します。Biro2
Callicarpa kochiana Makino

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.22

サンシュユ(ミズキ科)

植物園でサンシュユの実の赤い色が目をひきます。San
核果。核の中央に縦の稜があります。San3
花芽は球形、総苞片に包まれ、基部には小さな芽鱗が2個あります。San2
Cornus officinalis Siebold et Zucc.
Cornusミズキ属。cornu(角)に由来。
officinalis薬用の

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.20

ミズナラ(ブナ科)

植物園のミズナラの冬芽。コナラの冬芽に似るが大きく、色はコナラより薄いです。芽鱗は5列に並び25~35枚あります。Mizunara
Quercus crispula Blume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.18

コダチダリア(キク科)

目立つお花が咲いていました。見ているとコウテイダリアと教えていただきました。(兵庫県)気がつくと家の近所でもきれいなお花が咲いていました。Kodati
Kodati2
葉は2、3回羽状複葉です。Kodati3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.14

ドウダンツツジ(ツツジ科)

団地のドウダンツツジの紅葉がきれいです。どうだんもみじですね。Doudan
頂芽は卵形、赤褐色の芽鱗が10個くらいあります。Doudan2
Enkianthus perulatus (Miq.) C.K.Schneid.
Enkianthusドウダンツツジ属。enkyos(妊娠する)+anthos(花)
perulatus鱗片ある

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.12

コモチシダ(シシガシラ科)

山道の斜面にコモチシダが生えていました。以前より増えていました(交野市)コモチは葉の表面に出る無性芽ができることによります。Komoti
裂片は羽軸の前側のものが後ろ側のものより長い。Komoti2
葉脈は羽軸や裂片の中肋に沿って1ー2列の網目をつくり、他は遊離。ソーラスは葉脈の網目が深くくぼんだところにつき、宿存性の包膜にしっかり包み込まれます。Komoti3
Woodwardia orientalis Sw.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.11

タチカンツバキ(ツバキ科)

近所でタチカンツバキの立派な花が咲いていました。関西地方の名は勘次郎です。声をかけたくなるような名前です。雄しべは基部だけ合着します。Tati
子房には毛が密生します。Tati2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.07

タチバナモドキ(バラ科)

団地でタチバナモドキのり実がついていました。梨果は偏球形で橙黄色に熟します。中国県産。明治時代に渡来しました。Tati
葉裏に灰白色の毛が密生します。Tati2
種子。Tati3
Pyracantha angustifolia (Franch.) C.K.Schneid.
angustifolia細葉の

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.05

モッコク(ツバキ科)

団地でモッコクの実がついていました。果皮が裂開し赤い種子が顔を出していました。その姿が可愛いですhappy01Mokkoku2
Mokkoku
Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.
Ternstroemiaモッコク属。スウェーデンのC.Ternstr m (1745没)への件名。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.02

ネジキ(ツツジ科)

団地の公園のネジキも色づいています。Nejiki
冬芽は2個の芽鱗が向き合っています。とても特徴があります。Nejiki3
果実が裂開していました。Nejiki2
Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude subsp. neziki (Nakai et H.Hara) H.Hara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

タンキリマメ(マメ科)

日当たりのいい草地にタンキリマメが生えていました。葉は3小葉からなり、やや厚く、裏面は黄褐色の毛が多い。豆果は熟すと赤くなって裂開し、黒い種子が顔をだします。Tan
Rhynchosia volubilis Lour.
Rhynchosiaタンキリマメ属。rhynchos(くちばし)に由来。
volubilisつる性の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »