« カラクサイヌワラビ(イワデンダ科) | トップページ | ヤノネボンテンカ(アオイ科) »

2009.07.08

キヨスミヒメワラビ(オシダ科)

杉林にキヨスミヒメワラビが生えていました。キヨスミは発見地が千葉県清澄山であることに因ります。葉柄や中軸には密に白色半透明の鱗片があり、後に褐色になります。とても目立ちます。Kiyosumi

Kiyo2
包膜は円腎形Kiyo3
Dryopsis maximowicziana (Miq.) Holttum et Edwards

|

« カラクサイヌワラビ(イワデンダ科) | トップページ | ヤノネボンテンカ(アオイ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キヨスミヒメワラビ(オシダ科):

« カラクサイヌワラビ(イワデンダ科) | トップページ | ヤノネボンテンカ(アオイ科) »