« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.31

オオスカシバ

ベンチの下に羽化したてのオオスカシバがとまっていました。カラフルできれいです。見ていると羽を震わせ始めました。白い液体を出しました。Osukasi
石の上に移りました。見ると羽は透明になっていました。ネットで見ると「羽化した時は、翅に白い鱗粉がついているが、翅を震わせるとすぐ脱落してしまう。」と書いてありました。Osukasi2
横顔もラブリーです。Osukasi3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.30

アキマルニワゼキショウ(アヤメ科)

団地の土手を見ているとニワゼキショウより一回り大きな花が咲いていました。径16mm。花柄が残り果実はついていませんでした。オオニワゼキショウとニワゼキショウの雑種のアキマルニワゼキショウです。ニワゼキショウもオオニワゼキショウも既に花が終わり実になっていました。Aki

Aki2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.29

ナンゴクデンジソウ(デンジソウ科)

家にいただいたナンゴクデンジソウとデンジソウがあります。Nan
このデンジソウはどちらかしらと思って見ていると胞子嚢果がついていました。初めて見ました!Nan2
ナンゴクデンジソウの胞子嚢果は葉柄の基部から出る短い枝に1-2個つきます。Nan3
デンジは小葉の4枚の形が田の字に似ていることに因ります。ナンゴクは生育地が沖縄以南であることに因ります。
Marsilea crenata C.Presl
crenata円鋸歯状の

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.28

マンテマ(ナデシコ科)

団地でマンテマの花が咲いていました。白く縁取られた花弁が可愛いです。Mantema
花弁5、濃赤色の斑点が目立ちます。舷部の基部に小鱗片があります。萼筒は長い毛と腺毛があります。Mantema2
Silene gallica L. var. quinquevulnera (L.) W.D.J.Koch
Sileneマンテマ属。ギリシア神話に登場するBacchusの養父Silenosにちなむ。
quinque 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.27

レンゲソウ(マメ科)

田んぼで黒い実が目立つと思って見るとレンゲソウの果実でした。Renge
豆果は黒色に熟し先端は嘴状になります。
Renge2
Astragalus sinicus L.
Astragalusゲンゲ属。本属の植物のギリシア名から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

ハナニガナ(キク科)

オオバナニガナが咲いていました。Hana
頭花は8~10個の舌状花よりなります。舌状花が多い分ニガナより少し華やかに見えますHana3
Ixeridium dentatum (Thunb.) Tzvelev subsp. nipponicum (Nakai) J.H.Pak et Kawano var. albiflorum (Makino) f. amplifolium (Kitam.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

ミヤマナルコユリ(ユリ科)

林内にミヤマナルコユリの花がついていました。普通に見られますが見つけると嬉しいです。Miyama
花糸は長く、葉の裏に沿って伸び、先に1~3花をつけ、葉裏にかくれるようにして咲きます。Miyama2
Polygonatum lasianthum Maxim.
Polygonatumアマドコロ属。polys(多)+gonu(節)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.21

ハマヒルガオ(ヒルガオ科)

埋め立て地でハマヒルガオが咲いていました。葉は厚く腎心形です。Hama
萼の下に2個の包葉があり萼をつつみます。包葉は広卵形で、先は鈍い。Hama3
雄しべ5、花柱1、柱頭2。花の底に黄色いくぼみが5つあり、蜜が入っています。Hama2
Calystegia soldanella (L.) R.Br.
Calystegiaヒルガオ属。calyx(がく)+stege(蓋)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.20

ヒナギキョウ(キキョウ科)

団地でヒナギキョウが咲いていました。花が枝先に1個ずつつつく姿が可愛いです。雌性期の花です。花柱の先は3裂します。Hinagikyou
蒴果、先端にがく片が残ります。Hinagikyou2
Wahlenbergia marginata (Thunb.) A.DC.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

ヒナキキョウソウ(キキョウ科)

埋め立て地の路傍でヒナキキョウソウの花が咲いていました。雄しべ5、雌しべ1、花柱の先は3裂します。。Hina
葉は卵形、先が尖り低い鋸歯があります。果実は上部に穴が空いて種子をだします。Hina2_2
Triodanis biflora (Ruiz et Pav.) Greene

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

ヌカススキ(イネ科)

海岸の埋め立て地でヌカススキが群生していました。。Nuka
小穂は枝先に集まり両生の2小花からなります。小花はそれぞれ芒を持つので1小穂から2本の芒がでますNuka2_2
Aira caryophyllea L. subsp. multicaulis (Dumort.) Bonnier et Layens
Airaヌカススキ属。ドクムギの古ギリシア名airaに由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.15

ヒメイヌガラシ(アブラナ科)

淀川でヒメイヌガラシを教えていただきました。イヌガラシとスカシタゴボウの雑種です。Hime
花穂が長く伸び、果実はふくらみません。Hime2
Rorippa x brachyceras (Honda) Kitam. ex T.Shimizu
Rorippaイヌガラシ属。saxonの古名rorippenのラテン語化。
brachy-短い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.12

ジャガイモ(ナス科)

畑でジャガイモの紫の花がきれいに咲いていました。Jyaga
雄しべ5、葯は互いに接して花柱を囲み、先端に穴が空いて花粉をだします。Jyaga2
Solanum tuberosum L.
Solanumナス属。solamen(安静)tuberosum塊茎を有する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.08

タチチチコグサ(キク科)

淀川でタチチチコグサが生えていました。Tati
茎の上半部の葉のつけ根に小さな頭花を多数穂状につけます。Tati2
Gnaphalium calviceps Fernald

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.06

シラホシムグラ(アカネ科)

淀川でシラホシムグラを教えていただきました。今まで見てたとしてもヤエムグラと思っていたと思います。Sirahosi
節のすぐ上の部分に白い毛が目立ちます。Sirahosi2_2
花は白色。ヤエムグラの花は黄緑色でシラホシムグラより小さめです。Sirahosi3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

イモカタバミ(カタバミ科)

団地の土手でイモカタバミの花が咲いていました。葯は黄色で、黄色い花粉を入れます。花弁の基部の色が濃いです。Imo
地下に大きな塊茎ができます。Imo2
Oxalis articulata Savigny

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

オシャグジデンダ(ウラボシ科)

福井県の神社のエドヒガンの大木にオシャグジデンダが低い位置に着いていました。オシャグジは長野県木曽にある御社貢寺とされています。Osyaguji

Osyaguji2
ソーラスは辺縁と中肋の中間かやや中肋よりです。Osyaguji3
Polypodium fauriei H.Christ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.01

ミズバショウ(サトイモ科)

白山市の園地でミズバショウの大群落がありました。Mizu
仏炎ほうは白色卵形で円柱状の花序を包みます。Mizu2
花被片4、両性、雄しべ4、雌しべ1。雌性先熟です。Mizu4
Lysichiton camtschatcense (L.) Schott
camtschatcenseカムチャッカの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »