« ムレスズメ(マメ科) | トップページ | フモトシダ(コバノイシカグマ科) »

2009.03.28

タカサゴシダ(オシダ科)

久しぶりに京都府のタカサゴシダを見に行きました。タカサゴはタイワンの別称で、この地が発見地であることに因ります。最下第一小羽片が長いです。Taka
葉柄基部の鱗片は黒褐色です。Taka4
ソーラスTaka2
ベニシダの芽立ちは伸びていましたがタカサゴシダの芽立ちはなかなか見つかりません。やっと1株見つかりました。トウゴクシダと同様芽立ちは遅いようです。Taka3
Dryopteris formosana (H.Christ) C.Chr.
formosana台湾の

|

« ムレスズメ(マメ科) | トップページ | フモトシダ(コバノイシカグマ科) »

コメント

黒い鱗片が特徴的ですね。南方系(?)だとやっぱり芽立ちが遅いんでしょうか。

投稿: Khelljuhg | 2009.03.29 19:22

Khelljuhgさん

ギフベニシダ、サイゴクベニシダも芽立ちが遅いようです。

もうしばらくしたらまた見に行ってみようと思います。

投稿: mari | 2009.03.29 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴシダ(オシダ科):

« ムレスズメ(マメ科) | トップページ | フモトシダ(コバノイシカグマ科) »