« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.23

ムレスズメ(マメ科)

団地の公園のムレスズメの刺が目立っています。中国北部原産、日本へは江戸時代に入ってきました。Mure
古い葉軸は丈夫な刺となって宿存します。Mure2
Caragana sinica (Buc’hoz) Rehder

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.21

トキワシノブ(シノブ科)

家のシノブは今枯れてしまっていますが、駅の途中で見かけるトキワシノブは常緑性で葉も緑色です。シノブ(忍)の意味はこの植物は土がなくても育ち、堪え忍ぶからシノブの和名を持つ。Tokiwa

Tokiwa2
根茎は白い鱗片でおおわれます。Tokiwa3
ソーラスはポケット状です。Tokiwa4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.19

サンショウ(ミカン科)

庭のサンショウの冬芽が手を広げていらっしゃいと言っていますhappy01冬芽は裸芽、刺は対生します。葉痕は半円形、維管束痕は3。San
果皮が残っています。San2_2
樹皮San3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.17

ウラジロ(ウラジロ科)

団地の公園で頂羽片つきのウラジロが生えていました。Ura
ウラジロの羽片をルーペで見ると裂片の中肋の溝が小羽片の羽軸に流れ込んでいます。Ura2
Gleichenia japonica Spreng.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.14

スウィートラベンダー(シソ科)

近所の土手にスウィートラベンダーが咲いていました。イングリッシュラベンダーとデンタータラベンダーの交配種です。いい香りがします。Sweet

Sweet2
Lavandula×Heterophylla


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.12

サカキ(ツバキ科)

神社の境内のサカキ。(寝屋川市)Sakaki
冬芽は特徴があります。頂芽は裸芽で細長く鎌形に曲がります。Sakaki2
Cleyera japonica Thunb.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

エンシュウベニシダ(オシダ科)

神社の境内にエンシュウベニシダが生えていました。ワーイ、寝屋川市で見るのは初めてですhappy01エンシュウは発見地が静岡県(遠州国)であることによります。マルバベニシダより大型になりサイゴクベニシダほど印象が濃くありません。包膜は白色、芽立ち時に赤く着色しません。En

En2
ソーラスは中肋寄りにつきます。En3
葉柄には灰褐色~汚褐色の披針形の鱗片があります。En4
Dryopteris medioxima Koidz.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.09

レースラベンダー(シソ科)

レースラベンダーと教えていただきました。Rabe

Rabe3
葉は羽状に切れ込みます。Rabe2
Lavandula multifida

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.07

マサキ(ニシキギ科)

団地の公園のマサキの頂芽。冬芽は卵形で先はとがります。芽鱗は葉柄起源です。葉痕は半円形、維管束痕は1個です。Masaki
Euonymus japonicus Thunb.
Euonymusニシキギ属。eu(良い)+onoma(名)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.06

ゲッケイジュ(クスノキ科)

庭のゲッケイジュ、近くに行くととってもいい香がします。別名ローレル。Nobilis2
頂芽は葉芽で卵形、先はややとがります。肉厚の芽鱗があります。Nobilis_2
Laurus nobilis L.
Laurusゲッケイジュ属。ケルト語のlaur(緑色)に由来。
nobilis気品のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

ヒロハノトウゲシバ(ヒカゲノカズラ科)

ヒロハのトウゲシバが生えていました。(交野市)普通に見れます。葉の縁に鋸歯があります。Hiroha
胞子嚢は葉の基部にあり二枚貝状です。Hiroha2
常緑性で、ふつうムカゴで増えるということです。ムカゴはまだ見たことがありません。
Huperzia serrata (Thunb.) Trevis. f. intermedia (Nakai) Ching
serrata鋸歯状のintermedia中間の

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.03

シマトネリコ(モクセイ科)

住宅地を歩いているとシマトネリコをよく見かけます。南の植物ですが冬も元気です。別名、タイワンシオジ。冬芽は裸芽で芽鱗はなく、むき出しの幼葉が向き合っています。P1140636
Fraxinus griffithii C.B.Clarke var. kosyunensis (K.Mori) T.Yamaz.
Fraxinusトネリコ属。セイヨウトネリコの古ラテン名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

ソシンロウバイ(ロウバイ科)

団地の住宅でソシンロウバイの花が咲いていました。ロウバイより花が大きく、内側の花被片が黄色です。Sosin

Sosin2
Chimonanthus praecox (L.) Link f. concolor (Makino) Makino
Chimonanthusはcheimon(冬)+anthos(花)praecoxは早咲きの、concolorは同色の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »