« ザイフリボク(バラ科) | トップページ | アカハナワラビ(ハナヤスリ科) »

2008.12.05

オオハナワラビ(ハナヤスリ科)

杉林の林床にオオハナワラビがたくさん生えていました。
O

O2
共通柄(担葉体)は短いのですがオオハナワラビの方がフユノハナワラビより上部で栄養葉と胞子葉が分岐します。葉柄には毛があります。O5
羽片は広い角度でつきます。辺縁はきれいな鋭鋸歯縁です。O4
胞子葉O6
Botrychium japonicum (Prantl) Underw.

|

« ザイフリボク(バラ科) | トップページ | アカハナワラビ(ハナヤスリ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオハナワラビ(ハナヤスリ科):

« ザイフリボク(バラ科) | トップページ | アカハナワラビ(ハナヤスリ科) »