« オオバショリマ(ヒメシダ科) | トップページ | アキノタムラソウ(シソ科) »

2008.08.02

ミズアオイ(ミズアオイ科)

寝屋川の水路にミズアオイを見に行きました。ここの花茎は短いのかと思っていましたが、超出していました。10日前に見たときはまだ時期が早かったようです。正真正銘のミズアオイでした。Mizu
花の色は青色、花被片6、雄しべ6本のうち5本の葯は黄色、1本はやや長く青紫色で花糸は2岐します。Mizu2
Monochoria korsakowii Regel et Maack

|

« オオバショリマ(ヒメシダ科) | トップページ | アキノタムラソウ(シソ科) »

コメント

5本の黄色い葯の雄蕊と、1本の紫褐色で花糸に突起のついた雄蕊、何故でしょう? 突起は訪花昆虫の足場といわれるみたいだけど・・・ 黄色い葯と紫褐色の葯の花粉は同じ? コナギも同様なのですね。教えて~

投稿: hiroba | 2008.08.04 22:01

hirobaさん

よく見るとわからないことが多く不思議ですね
コナギについては開花直前と閉花後に雌しべが動いて青紫色の葯に触れその花粉で自家受粉することが確認されている。ミズアオイについても同様のようだ(内田1955)これで両者の結実率の良さは理解できるが、黄色の葯の役割はまだよくわかっていない(花粉は正常である)。「日本水草図鑑」

花がしおれてから黄色の葯が花被片のすき間から外に出て目だってました。花粉もしっかりでていました。自家受粉に失敗したときのため??

投稿: mari | 2008.08.05 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミズアオイ(ミズアオイ科):

« オオバショリマ(ヒメシダ科) | トップページ | アキノタムラソウ(シソ科) »