« アメリカオニアザミ(キク科) | トップページ | ニコゲヌカキビ(イネ科)? »

2008.07.17

タシロラン(ラン科)

神社の境内でタシロランが生えていました。5年前にもこの神社に出ていました。場所が少し移動したようです。Tasiro
和名は発見者の田代善太郎の名による。多数の白色花を総状につけます。
良く見ると子房がふくらみ割れ目から細かい種がこぼれていました。Tasiro2
Tasiro3
Epipogium roseum (D.Don) Lindl.
Epipogiumトラキチラン属。epi(上)+pogon(髭)roseumばら色の

|

« アメリカオニアザミ(キク科) | トップページ | ニコゲヌカキビ(イネ科)? »

コメント

腐生のランは発生場所が少しずつ移動するみたいですね。僕はツチアケビしか見たことがないのでうらやましいです。

投稿: Khelljuhg | 2008.07.17 23:01

Khelljuhgさん

これは5年前にきのこの方に教えていただきました。それからはずっと見てなかったのですが・・
久しぶりに会えて嬉しかったです

投稿: mari | 2008.07.18 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タシロラン(ラン科):

« アメリカオニアザミ(キク科) | トップページ | ニコゲヌカキビ(イネ科)? »