« ジャノヒゲ(ユリ科) | トップページ | ヤマボウシ(ミズキ科) »

2008.06.29

コケイラン(ラン科)

林床でコケイランが咲いていました(白山市)。中国の蕙蘭に似て小型であることから。Kokei
がく片と側花弁は黄褐色披針形、唇弁は白色で紅紫色の斑点があります。Kokei2
Oreorchis patens (Lindl.) Lindl.
Oreorchisコケイラン属。oreos(岩)+Orchis(オルキス属)patens開出した

|

« ジャノヒゲ(ユリ科) | トップページ | ヤマボウシ(ミズキ科) »

コメント

エビネに少し似ていますが属は違うんですね。

投稿: Khelljuhg | 2008.06.30 12:01

Khelljuhgさん

図鑑にはCalanthe(エビネ属)は唇弁はずい柱と合生する。
Oreorchis(コケイラン属)は唇弁はずい柱を包まないと書いてありました。

今度であった時はよく見ようと思います。

投稿: mari | 2008.06.30 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コケイラン(ラン科):

« ジャノヒゲ(ユリ科) | トップページ | ヤマボウシ(ミズキ科) »