« ネジキ(ツツジ科) | トップページ | シダの前葉体 »

2008.02.11

ハンコクシダ(イワデンダ科)

山でハンコクシダが点在していました。側羽片は鎌状に曲がり無柄基部は前側で耳状に尖ります(奄美)ハンコクシダは台湾でこの種を発見したHancockにちなんで和名がつけられました。その後、香港に分布するものと同じであることがわかったそうです。Hankoku
ソーラスは線形。中肋近くから辺縁に向かって伸びます。中軸、羽軸には葉柄と同じような茶色の多細胞毛を密につけます。Hankoku2
Diplazium pullingeri (Baker) J.Sm.

|

« ネジキ(ツツジ科) | トップページ | シダの前葉体 »

コメント

英国人hancockさんは1882年から一年ほど台北郊外の淡水にいたそうです。
そのときとったシダはAsplenium hancockii Maxim.と命名されましたが、mariさんも書かれているように、その後シノニムになってしまいました。

投稿: 半国羊一 | 2008.02.13 14:15

半国羊一さん

ylistで検索するとhancockさんの名前のついた植物いくつもありますね

投稿: mari | 2008.02.13 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンコクシダ(イワデンダ科):

« ネジキ(ツツジ科) | トップページ | シダの前葉体 »