« シダの前葉体 | トップページ | ミズスギ(ヒカゲノカズラ科) »

2008.02.13

キノボリシダ(イワデンダ科)

奄美の林内にキノボリシダが生えていました。頂羽片は側羽片とほとんど同型同大です。Kinobori
ソーラスは平行に走る脈に沿って中肋付近から辺縁に伸びます。Kinobori2
Diplazium donianum (Mett.) Tardieu

|

« シダの前葉体 | トップページ | ミズスギ(ヒカゲノカズラ科) »

コメント

どうしてキノボリシダっていう名前なんでしょうね。

投稿: Khelljuhg | 2008.02.13 23:13

その昔、松村任三氏が命名したそうですが、
このシダが木に登っているのは見たことがありません。
わたしも教えてほしいです。

投稿: 木登太郎 | 2008.02.14 15:04

Khelljuhgさん 木登太郎さん

最初この名前を聞いて木に登るのかしら?と
思っていましたが、今のところ木登りしてるのを
見たことはありません

「シダの和名辞典」(中池敏之)によると

キノボリは樹幹に着生するの意味と思われるが
実際はこのシダは地上性である

ということです。

投稿: mari | 2008.02.14 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キノボリシダ(イワデンダ科):

« シダの前葉体 | トップページ | ミズスギ(ヒカゲノカズラ科) »