« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.29

タカノツメ(ウコギ科)

タカノツメの頂芽は卵状円錐形で維管束痕は5~9個。黄緑色~暗紫色で芽鱗は4~8枚。葉痕はV字形、いい形です(^^)Taka
Gamblea innovans (Siebold et Zucc.) C.B.Shang, Lowry et Frodin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.28

モチツツジ(ツツジ科)

モチツツジをよく見ると越冬葉に囲まれた花芽がついていました。花芽も越冬葉も長毛におおわれます。Moti
Rhododendron macrosepalum Maxim.
Rhododendronツツジ属。rhodon(バラ)+dendron(樹木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.27

モッコク(ツバキ科)

モッコクの冬芽は紅紫色、芽鱗は多肉で厚く無毛。2~10枚が瓦重ねに並びます。葉痕は半円形から円形で維管束痕は1個。Mokkoku
Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.26

セイヨウヒイラギ(モチノキ科)

近所でセイヨウヒイラギの赤い実が目立っていました。Seiyou
Ilex aquifolium L.
Ilexモチノキ属。植物の古ラテン名を転用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.25

コンテリクラマゴケ(イワヒバ科)

交野の山に逸出のコンテリクラマゴケが、今の時期でも枯れずに冬越ししていました。表面に紺色の光沢があります。Konteri
腹葉は開出し長楕円形~卵形、背葉は狭卵形で共に全縁で白膜があります。胞子嚢穂は四角柱状、胞子葉は同形。10倍の実体顕微鏡で見ると大胞子嚢と小胞子嚢が1つの胞子嚢穂についていました。大胞子嚢には突起のある4個の大胞子が入っていました。Konteri2
Selaginella uncinata (Desv.) Spring
uncinata鈎あるの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.24

アカメガシワ(トウダイグサ科)

アカメガシワの冬芽は裸芽で葉脈が見え灰色~褐色の星状毛が密生します。Akame
Mallotus japonicus (L.f.) Müll.Arg.
Mallotusアカメガシワ属。mallotos(長軟毛ある)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.23

イヌノフグリ(ゴマノハグサ科)

家の石垣でイヌノフグリの花が咲いていました。茎には曲がった柔らかい毛、葉裏には短毛、葉の表はほとんど無毛です。花冠は淡紅色、おしべ2めしべ1。Inu
Inu2
Veronica polita Fr. subsp. lilacina (T.Yamaz.) T.Yamaz.
Veronicaは古St.Veronicaへの献名。lilacinaは藤色のの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.22

フジ(マメ科)

団地でフジに冬芽がついていました。暗赤褐色、芽鱗は2~3枚見えます。葉痕は扁円形で維管束痕は3個。Fuji
Wisteria floribunda (Willd.) DC.
Wisteriaフジ属。米国のC.Wistar(1760-1818)への献名。floribundaは花の多いの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.21

ヤブコウジ(ヤブコウジ科)

ヤブコウジの赤い実がきれいです。別名ジュウリョウともいいます。Yabu
Yabu2
Ardisia japonica (Thunb.) Blume
Ardisiaヤブコウジ属。ardis(槍先)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.20

クロバイ(ハイノキ科)

団地の公園でクロバイの冬芽が大きくなっていました。Kuro
葉芽は細長く紅紫色で無毛、花芽は球形です。Kuro2
Symplocos prunifolia Siebold et Zucc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.19

ビロードモウズイカ(ゴマノハグサ科)

京都の荒れ地でビロードモウズイカの幼苗が生えていました。Biro
葉は触るとふわふわしています。ルーペで見ると葉の毛は面白い形をしています。樹枝状の分枝毛です。Biro2
Verbascum thapsus L.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.18

ハクモクレン(モクレン科)

団地の公園のハクモクレンの花芽がふくらんでいました。芽鱗は托葉が変化したもので葉柄と合着したキャップ状です。花芽は大きく白っぽい長い軟毛におおわれます。ぼさぼさ頭ですねhappy01コブシに比べ枝が太い。Haku
Magnolia heptapeta (Buchoz) Dandy
hepta-は7の意

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.17

ヒマラヤスギ(マツ科)

団地を歩いていると雄花がたくさん落ちていました。何かしらと上を見るとヒマラヤスギの木が・・雄ずいは多数らせん状につきます。Hima
ルーペで見ると黄色の花粉がついていました。2葯胞があります。Hima2
Cedrus deodara (Roxb.) G.Don
Cedrusヒマラヤスギ属。アラビア語のkedron(力)から出たギリシア語のcedrosに由来。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.16

ウスギモクセイ(モクセイ科)?

団地でキンモクセイ?と思い見ると実が付いていました。日本ではキンモクセイは雄株しか知られていないということです。ウスギモクセイ?ギンモクセイ?葉に鋸歯がなかったのでウスギモクセイ?秋の花の時期が楽しみですhappy01Usugi
果実、核果楕円形で春に黒褐色に熟します。Usugi2
Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. thunbergii (Makino) T.Yamaz.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.14

ミズスギ(ヒカゲノカズラ科)

草津の神社の境内にミズスギが生えていました。暖地のものですが石川、富山、長野、神奈川の限られた場所に、北海道東部、東北地方中部では例外的に発見されているそうです。南のものに比べこぢんまりとまとまっています。胞子嚢穂は直立枝の側枝に下垂し柄はありません。胞子葉は密につき、色は淡く、辺縁に微突起があります。Mizu
Lycopodium cernuum L.
cernuumは垂下したの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.13

キノボリシダ(イワデンダ科)

奄美の林内にキノボリシダが生えていました。頂羽片は側羽片とほとんど同型同大です。Kinobori
ソーラスは平行に走る脈に沿って中肋付近から辺縁に伸びます。Kinobori2
Diplazium donianum (Mett.) Tardieu

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.12

シダの前葉体

崖をよく見るとシダの前葉体がたくさん着いていましたhappy01濃い緑です。葉緑素の色です。Zen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.11

ハンコクシダ(イワデンダ科)

山でハンコクシダが点在していました。側羽片は鎌状に曲がり無柄基部は前側で耳状に尖ります(奄美)ハンコクシダは台湾でこの種を発見したHancockにちなんで和名がつけられました。その後、香港に分布するものと同じであることがわかったそうです。Hankoku
ソーラスは線形。中肋近くから辺縁に向かって伸びます。中軸、羽軸には葉柄と同じような茶色の多細胞毛を密につけます。Hankoku2
Diplazium pullingeri (Baker) J.Sm.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.10

ネジキ(ツツジ科)

団地の公園のネジキの冬芽。一年枝は黄緑~紅紫色でつやがあります。芽燐が2枚向き合います。葉痕は半円形、維管束痕は1個です。Nejiki
樹皮Nejiki2
Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude subsp. neziki (Nakai et H.Hara) H.Hara
Lyoniaネジキ属。米国のJ.lyon(18c-1818)に由来。ovalisは広卵形のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.09

ハドノキ(イラクサ科)

ハドノキに実がついていました。(奄美)Hado
そう果、花の後、肉質化した白い花被がそう果のまわりを囲みます。Hado2
Oreocnide pedunculata (Shirai) Masam.
pedunculataは花柄あるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.07

アジサイ(アジサイ科)

アジサイの冬芽。枝は太く、頂芽は幼い葉の形が見える裸芽で大きく無毛です。Ajisai
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla
Hydrangeaアジサイ属。hydro(水)+angeion(容器)macrophylla は大きい葉のの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.06

ケホシダ(ヒメシダ科)

奄美の路傍にケホシダが生えていました。触るとふわふわしています。Kehosi
Kehosi2
裂片は鈍頭から円頭です。ソーラスは裂片の辺縁と中肋の中間かやや辺縁よりにつきます。最下小脈だけが結合して網目をつくります。Kehosi3
Thelypteris parasitica (L.) Tardieu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.05

イロハモミジ(カエデ科)

団地のイロハモミジの冬芽。枝先に並んだ赤い冬芽が可愛いですheart冬芽の基部には短い膜質鱗片があり、縁に沿って毛が並びます。芽鱗は無毛ですeyeIroha
Acer palmatum Thunb.
Acerカエデ属。カエデの一種Acer campestreのラテン名に由来。 palmatumは掌状のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.04

ボチョウジ(アカネ科)

ボチョウジに実がついていました。別名リュウキュウアオキといいます。枝は緑色です。Botyouji
果実。赤く熟します。Botyouji2
Psychotria rubra (Lour.) Poir.
Psychotriaシラタマカヅラ属。psyche(生命)+trepho(保つ)rubraは赤いの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.03

リュウビンタイ(リュウビンタイ科)

ホソバリュウビンタイの側にリュウビンタイが見られました。奄美の林内でよく見られました。比べて見ると違いが分かりやすいです。両者ともソーラスの付き方がきれいで好きなシダです(^^)Ryu
小羽片の基部はくさび形、不対称です。Ryu2
偽脈は小羽片の中肋と辺縁の中間で止まります。Ryu3
Angiopteris lygodiifolia Rosenst.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.01

ホソバリュウビンタイ(リュウビンタイ科)

大きなリュウビンタイね!!と思いよく見るとホソバリュウビンタイでした。Hoso
小羽片の基部は切形か少し心形です。Hoso2
ソーラス、偽脈は小羽片の中肋近くまで伸びます。Hoso3
Angiopteris palmiformis (Cav.) C.Chr.
angio-は容器palmiformisは掌状のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »