« ホウビカンジュ(ツルシダ科) | トップページ | フカノキ(ウコギ科) »

2008.01.17

シマイズセンリョウ(ヤブコウジ科)

奄美の林内でシマイズセンリョウの実がついていました。Simaizu
液果。球形、基部から3分の2くらいまで宿存する萼に包まれ上部は露出します。頂部には花柱が残ります。Simaizu2
Maesa montana A.DC. var. formosana (Mez) T.Yamaz.
Maesaイズセンリョウ属。アラビア名のmaass(ar.)に由来する。montanaは山のformosana は台湾のの意

|

« ホウビカンジュ(ツルシダ科) | トップページ | フカノキ(ウコギ科) »

コメント

実の付き方がとても面白いですね。1箇所から束になって花枝が出ていますね。

投稿: Khelljuhg | 2008.01.18 21:30

Khelljuhgさん

そうですね。
1箇所から束になって花枝が出るので、花がたくさんつくのですね。
納得しました(^^)

投稿: mari | 2008.01.19 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シマイズセンリョウ(ヤブコウジ科):

« ホウビカンジュ(ツルシダ科) | トップページ | フカノキ(ウコギ科) »