« ハチジョウシダ(イノモトソウ科) | トップページ | イヌビワ(クワ科) »

2007.12.19

ミフクラギ(キョウチクトウ科)

沖縄で植栽のミフクラギの実がえんじ色に色づいていました。葉は互生で枝先に集まってつきます。Mifukuragi
核果、種子は有毒です。内果皮は繊維質で海水によく浮かび海流に乗って散布されます。Mifukura2
Cerbera manghas L.

|

« ハチジョウシダ(イノモトソウ科) | トップページ | イヌビワ(クワ科) »

コメント

一見パッションフルーツのようで美味しそうに見えますが、有毒なんですね。南の方ではよく海岸に打ち上げられているみたいですね。

投稿: Khelljuhg | 2007.12.21 08:49

Khelljuhgさん

「琉球弧野山の花」によると果実は無毒、種子は有毒ということですがちょっと味見は不安ですね(^^)

投稿: mari | 2007.12.21 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミフクラギ(キョウチクトウ科):

« ハチジョウシダ(イノモトソウ科) | トップページ | イヌビワ(クワ科) »