« ヒメハシゴシダ(ヒメシダ科) | トップページ | ミズスギ(ヒカゲノカズラ科) »

2007.12.12

モエジマシダ(イノモトソウ科)

沖縄の林道にモエジマシダが生えていました。和名は鹿児島県桜島北東の燃島(新島)にちなんで名付けられました。頂羽片のはっきりした単羽状、羽片はふつう20対以上、下部のものは次第に短くなります。Moejima
ソーラスは葉縁にあり、羽片の辺縁に沿って長く伸びます。Moejima2
Pteris vittata L.
vittataは縦縞のあるの意

|

« ヒメハシゴシダ(ヒメシダ科) | トップページ | ミズスギ(ヒカゲノカズラ科) »

コメント

イノモトソウ科のシダって独特で面白い草姿のものが多いですね。

投稿: Khelljuhg | 2007.12.13 03:02

Khelljuhgさん

アマクサシダ、ハチジョウシダ等好きなシダが多いです(^^)

暖帯系のシダが多いのでしょうか?

投稿: mari | 2007.12.13 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モエジマシダ(イノモトソウ科):

« ヒメハシゴシダ(ヒメシダ科) | トップページ | ミズスギ(ヒカゲノカズラ科) »