« オリヅルシダ(オシダ科) | トップページ | シロミナンテン(メギ科) »

2007.12.27

クチナシ(アカネ科)

庭のクチナシに実がたくさんついています。実は黄色の染料になります。きんとんを作るときに使うときれいな黄色になります。Kuti
果実、5~7稜があり、先端にがく片が残ります。Kuti2
果実は肉質の液果です。半分に切ってみると中に橙色の果肉と種子がはいっています。これで色がつくのね(^^)Kuti3_4
Gardenia jasminoides Ellis
Gardeniaクチナシ属。米国のA.Garden(1730-1792)への献名。

|

« オリヅルシダ(オシダ科) | トップページ | シロミナンテン(メギ科) »

コメント

実がついているのはよく見かけますが、中身はこうなっていたんですね。

投稿: Khelljuhg | 2007.12.28 16:57

Khelljuhgさん

中の色を見ると染料になるのが納得です(^^)

投稿: mari | 2007.12.29 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クチナシ(アカネ科):

« オリヅルシダ(オシダ科) | トップページ | シロミナンテン(メギ科) »