« リュウキュウルリミノキ(アカネ科) | トップページ | イヌタマシダ(オシダ科) »

2007.11.28

オキナワキジノオ(ツルキジノオ科)

やんばるの谷の岩上にオキナワキジノオが生えていました。葉脈はすべて遊離、裂片の凹部の底には歯牙状突起があります。中軸に翼があります。先端付近に無性芽の着いているのもありました。可愛いシダです(^^)Okinawa
Bolbitis appendiculata (Willd.) K.Iwats.
appendiculata付属物のあるの意

|

« リュウキュウルリミノキ(アカネ科) | トップページ | イヌタマシダ(オシダ科) »

コメント

無性芽で繁殖するシダって結構たくさんあるんですね。

投稿: Khelljuhg | 2007.12.01 19:18

コモチシダやハチジョウカグマは無性芽がたくさん
ついて生命力を感じます。
無性芽からどの程度発芽するのでしょうか?

投稿: mari | 2007.12.01 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オキナワキジノオ(ツルキジノオ科):

« リュウキュウルリミノキ(アカネ科) | トップページ | イヌタマシダ(オシダ科) »