« スズムシバナ(キツネノマゴ科) | トップページ | カニクサ(フサシダ科) »

2007.10.02

ヒヨドリバナ(キク科)

ヒヨドリバナの花にメスグロヒョウモンの雄が留まっていました。葉は対生し、裏面に腺点があります。Hiyo
頭花は5個ほどの白色の両性の筒状花からなります。花冠の先は浅く5裂、花柱の先が2裂し長く伸び出します。
Hiyo2
Eupatorium makinoi T.Kawahara et Yahara
Eupatoriumヒヨドリバナ属。アジアの王Mithrideter(B.C.132-63)の姓Eupatorに由来。

|

« スズムシバナ(キツネノマゴ科) | トップページ | カニクサ(フサシダ科) »

コメント

ヒヨドリバナは実家の近くの山にたくさん生えています。秋になると白い花が咲いて綺麗ですね。時々、ウィルスに感染しているのか、葉脈に沿って黄色い模様が入る株があります。

投稿: Khelljuhg | 2007.10.03 22:36

Khelljuhgさん

そうですか。気づかなかったです。
ヒヨドリバナは近所にありますので気をつけて
見てみます。

投稿: mari | 2007.10.04 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリバナ(キク科):

« スズムシバナ(キツネノマゴ科) | トップページ | カニクサ(フサシダ科) »