« スダジイ(ブナ科) | トップページ | ウツギ(ユキノシタ科) »

2007.05.24

ユノミネシダ(コバノイシカグマ科)

鹿児島でユノミネシダが生えていました。輪郭のきれいなシダです。鹿がなぜ食べないのかわかりました。苦いです!!ところで人と鹿の味覚は同じ?Yunomine_1
Histiopteris incisa (Thunb.) J. Sm.
incisaは鋭浅裂のの意

|

« スダジイ(ブナ科) | トップページ | ウツギ(ユキノシタ科) »

コメント

とても面白い形ですね。一見柔らかそうで美味しそうなのに、味は苦いんですね。人間もやはり食べないんでしょうか。

投稿: Khelljuhg | 2007.05.25 03:54

屋久島の林道沿いにユノミネシダが雑草のように繁茂していましたが、鹿が食べないんですね。道理で・・納得です。
屋久島の山地部は鹿の食害がひどく、イワヒメワラビ、ナチシダ等、鹿の食べないのばかり残っています。

投稿: 湯川峰吉 | 2007.05.25 17:57

khelljuhgさん

あく抜きをすれば食べれるのかもしれませんが・・・
かなり強烈!!です(^^)

湯川インコさん

屋久島のユノミネシダは大きく立派でした(^^)
イワヒメワラビは毛が多くて食べにくいでしょうね。
ナチシダは香りが強烈でした。
イワヒメワラビ、ナチシダお味はどうでしょう?

投稿: mari | 2007.05.25 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユノミネシダ(コバノイシカグマ科):

« スダジイ(ブナ科) | トップページ | ウツギ(ユキノシタ科) »