« オランダガラシ(アブラナ科) | トップページ | シロバナマンテマ(ナデシコ科) »

2007.04.26

カナビキソウ(ビャクダン科)

団地の土手にカナビキソウがたくさん生えていました。葉のもと近くに2枚の包葉があり花はそれにだかれます。
白く花冠のように見えるのはがくで、先は3~5裂します。裂片と同数のおしべ、1本のめしべがあります。Kana
半寄生植物だそうですが、何に寄生しているのでしょう?
Thesium chinense Turcz.
Thesiumカナビキソウ属。ギリシアの植物名に由来。chinenseは支那のの意

|

« オランダガラシ(アブラナ科) | トップページ | シロバナマンテマ(ナデシコ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナビキソウ(ビャクダン科):

« オランダガラシ(アブラナ科) | トップページ | シロバナマンテマ(ナデシコ科) »