« リュウキュウシロスミレ(スミレ科) | トップページ | カポック(ウコギ科) »

2007.02.22

コモウセンゴケ(モウセンゴケ科)

奄美で林道脇にコモウセンゴケがたくさん生えていました。葉はヘラ型です。Komousen
Drosera spathulata Labill.
Droseraモウセンゴケ属。droseros(露を帯びた)に由来。spathulata はへら型のの意

|

« リュウキュウシロスミレ(スミレ科) | トップページ | カポック(ウコギ科) »

コメント

前に通販でコモウセンゴケを買ったら、届いたのが別種のトウカイコモウセンゴケでがっかりしたことがあります。たくさん群生しているととても綺麗ですよね。

あ、学名はDrosera spatulataです。なぜかスペルミスのspathulataが一般的になり、後になって文献を調べなおしたらspatulataが正しいということが判ったそうです。

投稿: Khelljuhg | 2007.04.19 02:25

khelljuhgさん、学名について教えていただいてありがとうございます。

ホームページ、ブログ見せていただきました。
ドロセラ属、種類が多いのですね(@@)
写真もきれいでゆっくり見せていただきます(^^)
お料理も美味しそうですね。


投稿: mari | 2007.04.19 18:18

有難うございます。またよろしくお願いします。

投稿: Khelljuhg | 2007.04.22 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コモウセンゴケ(モウセンゴケ科):

« リュウキュウシロスミレ(スミレ科) | トップページ | カポック(ウコギ科) »